つぐのブログ

ブロンプトン用の輪行袋「オールウェイズ-JP」を買ってみた

【非常時に使える収納型がほしい!】

ブロンプトン用の輪行袋を購入しました。
ハードタイプや布タイプなど数多くの専用品が発売されていますが、今回購入したのは「加茂屋のオールウェイズ - JP」というものです。

メインフレームに収納できるよう計算された優れもので、私のように普段は輪行しないけど、いざという時には使うかもしれないという人向けの商品です。

f:id:tugune:20170108190535j:plain

この細長いのが袋を折りたたんだ状態で、そのままメインフレームに収納できます。

長さもぴったりで奥に入れすぎて取れないということもありません。袋の手前には紐が付いているので取り出す時はこれを引っ張ります。

f:id:tugune:20170108190643j:plain

最初、メインフレームの中がかなり汚くて出し入れをしていると真っ白に汚れたので、ウエットティッシュを棒にくくりつけてフレーム内を掃除すると輪行袋を入れても汚れが付かなくなりました。

輪行袋を実際に広げるとこんな感じです。

f:id:tugune:20170108190803j:plain

とてもシンプルな黒色のビニールの袋ですね。上下にダブルチャックが付いていて上からはサドルが、下からは車輪が出せるように工夫されています。袋の形もブロンプトンに最適化されています。

f:id:tugune:20170108190855j:plain

f:id:tugune:20170108191016j:plain

本体を袋に入れる時は上から被せるのが簡単です。

転がしながら移動する時は下のジップを閉めずに使います。

f:id:tugune:20170108222724j:plain

JRなど転がせない場所を移動する際は、一度本体を横に倒してジップを閉めると力を使わずに車輪を収納することができます。

 

そして、上からサドルを出して(出さなくても持てます)通常通り持ち上げます。
とても簡単でいいですね!

f:id:tugune:20170108191059j:plain

輪行が終わったら先ほどと逆のパターンで袋を外していきますが、メインフレームに収納できる形に折りたたむのはかなり手間なので、私は適当に畳んでバッグにいれて帰ってからキチンと畳むようにしました。

とはいえ、輪行先で余裕がある時なら畳めるレベルです。折り目の跡に合わせて畳めるので楽なのですが、ある程度精密にしないとフレームに入らないので心に余裕が必要かもしれないです。

f:id:tugune:20170108222632j:plain

普段は輪行しないので本来袋は必要ないのですが、、

一度バスに乗りたいタイミングがあり、バスの運転手の方に「倒れたり他のお客様に当たると危険なので袋に入れてください」と言われたことがあり、念のため購入しておきました。
タクシーはそのままで大丈夫なケースが多いですが、他の人と同乗する電車やバス等は必要ですしね。

あと私の場合、出先で雨が降った時に別の交通手段に切り替えることが多いので、仮に友人の車に乗せてもらう時でも雨で汚れた自転車は気が引けるというのもあります。
せっかくのブロンプトンですし保険を兼ねて買っておいて損はないかと。