つぐのブログ

口内炎の痛みが即効で消えた!局所麻酔の薬『デンタルクリーム』を買ってみた

最強最悪巨大な口内炎の対策が命題でした

口内炎が過去最大規模に!痛みに効くロキソニンを飲むべきか、、

先週体験した、ほっぺの口内炎はあまりに痛くてご飯どころか、水すら飲めません。お風呂に入っても化粧水を顔に塗ることすら痛くて躊躇してしまう。

いっそのこと、ロキソニンバファリンでも飲んでしまおうかと何度も悩みました。しかし、数時間しか聞かない頓服を食事のために飲むのはさすがにリスクが高い、、しかも食前に。

そんな厄介な口内炎の対策ができる薬を発見したので、レビューできればと思います。ご飯を食べるときなど、口内炎の痛みをもう我慢しなくていいと思うと、精神的にだいぶ楽になりました。もっと早く買っておけば良かったと思いました。

口内炎パッチを使い続けたものの

過去に口内炎パッチの主要製品を比較して、おすすめは「口内炎パッチ大正クイックケア」だ!と記事を書きました。

その後、半年ほど経ち、3箱ほど使ってみて、そのとき分からなかった口内炎パッチのメリットはもちろん、デメリットも多く経験しました。

口内炎パッチはやはり万能ではない

パッチは外部刺激を防いでくれるので痛みをかなり軽減できる。

しかし、口内炎ができる場所によっては不向きなことが多いことも事実。

歯茎の根元の口内炎、舌のサイドにできる口内炎、歯の噛み合わせ位置にできるほっぺの口内炎などは特にパッチが使えない場所です。

歯茎の口内炎は、パッチ半分に折れ曲り無意味。舌のサイドと、ほっぺの口内炎は、歯がパッチに直接当たるので数時間で剥がれるか、食事の際なら即取れてしまいます。しかも、粘着力が強いままで剥がれるので口内炎の表面を引っ張ります。ヘタすると血が付くことも。。

かといってステロイドの軟膏も食事すると一瞬でなくなってしまう。。この辺りにできる口内炎は本当に厄介です。。

そんなときに検索しまくって発見したのが「デンタルクリーム」。

いままで口内炎を早く治したい。痛みを物理的に回避したい。という頭しかなかったのですが、まさか口内炎を局所麻酔するという、、ありそうでなかった方法があるなんて完全に盲点でした。

口内炎は早く直すより、痛みを早く取るべきだった。

 口内炎の薬の定番はステロイドですよね。でも早く治ると言われても10日かかるのが9日?8日?早くなっても感覚的には早くなった気もしません。

やっぱり早く直すよりも、治るまで痛みがない方が快適なのでは。。と思い始めました。

「デンタルクリーム」に手を出してみました。

f:id:tugune:20170524000756j:plain

存在は知っていたんですけどね。

最初、口内炎に塗るステロイド軟膏のノリでたっぷり付けました。

すると1分程度で舌の感覚が。。。

薬が舌に付いたらしくほんのり感覚がやっぱりおかしい。これ麻酔されてる?
でもその瞬間にニヤリしました。口内炎に効いてる!

2.3分もすると嘘のように痛みが消えました。

実際にご飯や水、キュレートレモンなどを飲んでみましたが全然大丈夫です。これはかなりお薦めできますね。

デンタルクリーム| 森下仁丹 森下仁丹のメディケア

メーカーページによると、痛みに直接効く成分と、脳に届く痛みの伝達を遮る成分の2種類が配合されているみたい。さらに、殺菌成分もあるので治りも早くなるのではないでしょうか。さすが老舗の森下仁丹ですね。

口コミによってはご飯の味が悪くなったなどとありますが、たぶん麻酔が効いているのと、メントールが入っているので、その辺の影響かと思います。とはいえ、ご飯が食べられることが優先ですかね。

薬を塗る時は、少なめに取りほんのり塗るのがオススメです。盛らなくても薄く塗るだけで十分麻酔効果ありました。

自分の感覚だと2時間ぐらいは痛みがないです。

3時間過ぎた頃から薬の効果がなくなっているような気がします。

2、3時間あれば食事は終わると思うので、ご飯を食べる15分前ぐらいに塗っておくと痛みが少なくご飯が食べられると思います。

f:id:tugune:20170524001111j:plain

軟膏はサラッとしていて塗りやすく剥がれにくいバランスのいい粘度だと思います。

塗った時のベタつきも少なく、反対側に張り付く感じも少ないですね。

ただ、局所麻酔はあくまで対処療法かと。

口内炎への直接的な外部刺激はないにこうしたことはないと思います。

痛みがないからと口内炎を噛んだり、傷がついてしまうと麻酔が切れたときに、、怖いことなりますから。。

ロキソニンと同じです。風邪やインフルのときに熱は下げてもウイルスを殺すわけじゃないですよね。

口内炎と戦う3種の神器をついに見つけた件。

 ということで、口内炎対策に最強の組合せを発見です!

 ・食後は、口内炎パッチ。

(口をあまり動かさない時、軽く会話する程度の時は口内炎パッチで対応)

・寝るとき、ステロイド軟膏。

(軟膏は基本剥がれやすいので、寝るときだけ付けて口内炎の修復を)

・ランチや晩御飯の前にデンタルクリーム

(痛みが我慢できない時や、仕事で話をしないといけない時など、パッチが剥がれるケースはすべてデンタルクリームで対応)。

 

これが最強の組み合わせじゃないでしょうか。ステロイドで回復を早めることを想定しなければデンタルクリームと口内炎パッチでほぼすべての口内炎に対応できそうです。

この組み合わせで少し使ってみて、どうかというのをまた報告したいと思います。

 

あ、あと薬をつけるときは指などを使わず、清潔なめんぼうを使いましょう。