つぐのブログ

人生初の東京ディズニーランドで学んだ教訓。その一、チケットは忘れてはいけない(真顔)

GWに東京ディズニーランドへ遊びに行ってきた

長い人は9連休と言われた2017年GW。
そこまで長い休みでは無かったのですが、せっかくの連休なので彼女と東京ディズニーランドへ。

私は人生初ディズニーランドということもあり、多数のハプニングにも見舞われたので、参考までにレポートします。

ホテルはどこにするか?

ディズニーランドの人気を甘く見ていました。1ヶ月前にディズニーランドのホテルを取るのは中々難しいんですね、、、オフィシャルホテルは、キャンセル待ちでした。

私たちの場合、1泊2日の旅行のうちディズニーランドは初日のみ、翌日は観光の予定だったので多少エリアが離れても問題なし。
ただ、夜のパレードも見てクローズまで居たい。となると舞浜か新浦安でホテルを取るべきか、、欲を言えば帰りも直通バスがいい、、

彼女が「ランドやオフィシャルにこだわらない」というので、直通バスがあるホテルということを条件にホテル探し。

公式のサイトで探してみた

【ディズニーランド ホテル 直通バス】など検索ワードに入れたところ、旅行会社ばかりが出てきてよく分からないことに。
それに、チケットは別口で入手していたので、ホテル+チケットのプランである必要はない。

そこでディズニー公式のサイトを覗いてみたところ、ホテル/宿泊プランのページが。

・ディズニーランドホテルズ
・オフィシャルホテルズ
・パートナーホテルズ
グッドネイバーホテルズ

以上4つに分かれて紹介されていました。

ディズニーランド、オフィシャルは事前に調べていただけでも予約が難しそうだったため、パートナーホテルズの中で決めることに。

パートナーホテルズは4つのホテルがありましたが、立地や部屋の写真を考えた末にその中で決定。

その後、パートナーホテルにしたことでハプニングから助けられることとなりますがそれはまた後ほど、、

イン当日にチケットを入手する方法

東京へ向かう途中、ある事に気付きました。

チケットがない、、、

数週間前に彼女から渡されたチケット。無くすわけにはいかないと鍵付きの収納にしまい、今朝、開けてない、、、
一縷の望みにかけて恐る恐る彼女にチケットを持っているか尋ねてみたところ、「え?渡したよね(真顔)」と。お、おん、、

 

実家の家族に頼んで届けてもらおうか、実家からマンションまで約20分、マンションから飛行場までが約30分、合計50分。

私たちは飛行場到着まで後15分、出発までだと40分、いや絶対間に合わない、どうしよう。

焦る気持ちと彼女からの「GWど真ん中なのに、当日パークで並んでチケット買うの?」「それとも辞める?」という圧。

いやいや、飛行機もホテルも予約しているのにキャンセルはない、、

ただ焦っても仕方ない、、

オンラインで当日チケットを購入できるか検索。

ディズニーの公式ページで購入できる!ただし印刷必須。さらに、カード決済のみ。スマホ不可でPCからのみ対応。

東京ディズニーリゾート・オンライン予約・購入サイト

でも、印刷はコンビニでできる!ただしアプリの登録とデータ転送必須。

購入は、iPhoneから遠隔操作で家のMacを操作すればなんとかなる。最悪、実家の家族に伝えて代理購入してもらえば、、

流れ的としては、羽田に着くまでにチケット購入、コンビニ印刷用のアプリをダウンロード、会員登録してデータを転送、コンビニに立ち寄り印刷し、パークへ向かう、、、

コンビニに寄るだけとはいえ予定よりもタイムロス。この辺りで彼女の機嫌が怪しい。もうやるしかない!!

と検索できたところで搭乗。あ、飛行機、、ネットできない、、

ANAは機内用Wi-Fiもあるのですが事前設定が必要とのこと、、

なぜ新幹線にしなかったのだと無駄な後悔、、

羽田に到着

そこで思い出したのがホテル。パートナーホテルということはホテルでチケットが買えるのでは?と思い、調べてみたところ購入可能!

ただし、オフィシャルは入場制限なし、パートナーホテルは入場制限あり。GWで入場制限がかかるとアウト、、

ホテルのフロントでチケットを購入

結局、ホテルで私が荷物を預けチェックインしている間に彼女がチケットを購入することができました。

さすがにロスタイムもあり時刻は10時半、みんなランドに行ったあとのようで、ホテルも空いてました笑
コンビニに寄る手間も省け、当日のランドの状況も教えてもらえるという。

f:id:tugune:20170527134405j:plain

スタッフの方に聞いた彼女曰く、
ランドとシーどちらか、もしくはどちらも入れるチケットを購入可能。
A4サイズの紙に印刷されたものであり、キャラクター付きのチケットではない。(ここにQRコードが載っているのでファストパスを取るときには必要)
クレジットカードは使えないため支払いは現金のみ(現金持っててよかった、、)
入場規制がかかった場合はインできないが、「行ってみるとランドが規制かかっているのでシーにしよう!」は可能とのこと。

入場規制の有無、混雑状況、イベント、運転中止している乗り物など様々な情報が速報で手元にあるというのもパートナーホテルにしてよかったと思えた所です。

行き帰りのバスの運転手さんも、道中ランドの情報をお知らせしてくれるので助かります。 

f:id:tugune:20170527134321j:plain

初ランド!乗り物以外でも楽しめる

入場制限もなく無事ランドに入場。彼女のご機嫌もだいぶ戻り、、ふぅです。

f:id:tugune:20170527134539j:plain

思ったよりエントランスには人少ないですね。入口のチケットセンターでの購入も大丈夫だったかもです。

アトラクションの紹介やファストパスの取り方は詳しいブログが沢山あると思うので割愛。「インしたらまず切り絵にいく」と彼女に連れて行かれた

シルエットスタジオ。

子ども連れのファミリーが1組ならんでいたのでその後ろに並んでいると、切り絵師さん?が椅子に座って待機していました。その手前に横を向く様に椅子が一脚。

手前の椅子に座った横顔をハサミで切って型取っている様子。当然下書きも何もなく、スイスイとハサミを入れていき2分ほどで1人目が切り終わる。続いて2人目。全員出来上がったら重ねてのり付けして、あらかじめ選んでおいたフレームにいれて完成。

最大4人まで同じフレームに入るようで、家族やカップルはもちろん、ディズニーキャラクターと向かいあうようなデザインも。

f:id:tugune:20170527134928j:plain

フレームもオーバルの黒か大理石風の白、ミッキーマウス形の黒が選べます。
壁にかけられるよう裏側に穴が空いていますが、置いて飾りたい人にはフレームスタンドも。普通のスタンドとは別にミッキーマウスに合わせて黄色いシューズ形のものがあり、合わせて飾れるようになっていました。

人数、フレーム、スタンドによって値段は変わりますが、写真とはまた違った形で思い出に残せるのでこれは本当にオススメです。

アトラクションにもたくさん乗れた。

行き当たりばったりではありましたが、色々なものに乗ることができました。

ホーンテッドマンション

・スペースマウンテン

・フィルハーマジック

・スターツアーズ

・ビッグサンダーマウンテン

f:id:tugune:20170527145915j:plain

お昼はハウスカレーを食べました。

f:id:tugune:20170527135910j:plain

GWでほとんど乗れないと思っていたので驚きです。連休ど真ん中はみんなが避けてくれたおかげで穴場だったのかもしれません。

夢の国で悪夢のようなハプニング。

ケンカしました、、、

チケット忘れやタイムロスのことも忘れ、アトラクションにもたくさん乗れて、すっかりテンションが上がっている私。彼女も笑顔だったので油断していました。

意味のない冗談を連発してしまったのです。

色々なことでストレスを抱えていた彼女への配慮が足りませんでしたね。

多くは語りませんが、動き出すまでに約1時間ほどかかりました。

夢の国では夢の話だけにしましょう、、

f:id:tugune:20170527150115j:plain

お土産は何を買うべきか

ディズニーランドへ入ってまっすぐ、ずらりと並ぶお土産のお店。
何度か来ている彼女はさっさと選んでしまいましたが、初ディズニーの私はまずどこが何のお店なのか、、

連れていかれるがまま店内に入ってみると、お菓子に雑貨にと数えきれないほどのバリエーション。

ディズニーのお菓子の缶が好きという人もいて、食べた後は飾ったり他のものを入れたりする。という反面、缶はかさばるので紙箱がいいという人もいるとか。

人気のチョコクランチ

チョコクランチは棚に並べられるお菓子とは別に一角があり、缶と紙箱どちらも揃っていました。来る人来る人手に取っていたので私も購入。
後々捨てるだろうということで紙箱にしましたが、中身も充分、味ももちろん美味しく、買って正解でした。甘いものが苦手な方でも大丈夫です。

ミニラーメンやお茶漬け、紅茶など色んな種類があり、年齢性別問わず色んな人へお土産を選ぶことができます。
服や雑貨だと好き嫌いがあるし、と悩む方は食べ物にしておけば間違いないのでは。

あとは、行った時期のイベントに沿ったお土産は、限定感があるのでオススメです。
私はGWだったのでイースターでしたが、2017 イースターと書いてあるパッケージのものがあり、記念に残すにはぴったりだと思います。

ホテルのお土産コーナー

ちなみにホテルに帰ったあと、よくある「あの人にお土産を買い忘れた!」という状況になりましたが、さすが提携ホテル。
フロントと同じフロアにお土産ショップがあり、無事そこでも購入することができました。なんとランド内にあるお土産と同じものばかり、、ある意味助かるのですが。

ホテルで郵送用のダンボールを購入できる。

ホテルから自宅への発送はできると知っていたのですが、ダンボールまで用意してくれていると思っていませんでした。

スーツケースに入る分だけ買って、スーツケースごと郵送しようと思っていたのですが、別途ダンボールが購入できたのでお土産のサイズがや数を気にせず購入できました。

ディズニー初心者視点からのポイント

その一、チケットは忘れてはいけない(真顔)

当事者は語りますが、チケットを忘れても何とかなります笑
ただ気持ち的に焦るのと、チケット売り切れや入場規制がかかっていた場合残念なことになるので忘れ物をしないよう、スマホのメモでもいいので持ち物チェックリストを作っておく。初歩の初歩ですね、、

でも実はチェックリスト作っていたんです。でもチケットを入れ忘れていたという、、

その二、提携ホテルから選んでおく

いざホテルにチェックイン後、行き帰りタクシーは高い、電車は面倒、帰りはギリギリまで遊びたい、そんな方は

ディズニーランドホテルズ、オフィシャルホテルズ、パートナーホテルズ、グッドネイバーホテルズからえらぶ。これ大事ですね。

提携先の安心感ですね。オンタイムでの情報は速いし、直通バスで行き帰りもラク。チケットを忘れてもお土産を買い忘れても助かる。

段取りに自信のないひとは必須です。

その三、夢と魔法の国では彼女はプリンセスである

これ一番大事です。無条件で彼女はお姫様扱いしましょう。いらないことは言わないようにしましょう。夢の国が地獄絵図になってしまいます。

次回はシーに行きたいな。

ディズニー好きな方のSNSを見ていると穴場やフォトスポット、グルメなど沢山情報があるので、今回は、初心者ならではの視点でレポートしてみました。 

早速、次はシーに行ってみたいな、と思っています。(家に忘れてきたチケットの有効期限もあるので、、)

次こそは忘れ物をしない様に気をつけなければ。次はただでは済まないですよきっと、