つぐのブログ

スピンバイクに穴あきサドル(VELO Plush VL4126、セラSMP TRK ミディアム)とバーテープを取り付けてみた

半年使ってみていまいちだったところが2点

昨年、5月ごろに購入したHorizonのスピンバイク。

シックスパッドをお腹につけながら地道に運動しているのですが、約半年使ってみて改善したい箇所が少しでてきたのでバージョンアップしたいと思います。 

スピンバイク自体に不具合は一切ありませんが、気になっている箇所は、ハンドルバーとサドルの2箇所。
この2つが運動のやる気をどんどん奪っていくので早めに改善したいと思います。

まずは、穴あきサドルを交換します。

30分以上漕ぐと大事なところが止血されるようで、ジンジンするようになりました。
強い強度で運動しているときは大丈夫なのですが、ダイエット目的で軽く長く漕ごうとするとダメですね。。

これは真面目に真剣に探した方が良さそうです。
ず候補になったのは価格が安めの穴あきサドルです。

VELO Plushは3000円程度と安いので手が出しやすいですね。

 

男性向けと女性向けの2種類あります。

 

違いは全長とクッション部分の横幅ぐらいで、クッションの仕組みなどは同じだそうです。 
今回はクッション性を重視して女性用にしてみました。

f:id:tugune:20180106223552j:plain

安いサドルにしてはしっかりとした縫製がされてそうです。
ホライズン純正のサドルと比較してみました。

f:id:tugune:20180106223910j:plain

全長が若干短くなっていますが、横幅が広がりお尻をしっかり守ってくれそうですね。

f:id:tugune:20180106223825j:plain

ホライズン純正のサドルと比較してみました。思ったりしっかり作られています。
部分的にホッチキスなのはご愛嬌って感じですかね。

実際に取り付けて乗ってみたのですが短すぎました、、、、
数値上はしれているサイズ差なんですが、、
もちろん支障もないのですが、なんだろう、、落ち着かない、、

買い直しました。。笑

 穴あきサドルに定評のあるブランド、セラSMPに買い換えました。。
SELLE SMP(セラSMP) TRK ミディアムで、価格はちょうど2倍ぐらいです。

f:id:tugune:20180106224620j:plain

俯瞰でみた感じだとほぼ同じサイズですね。
前回のも初めから男性用を買っていたら良かったのかもしれません。

f:id:tugune:20180106224736j:plain

値段も上がったので作りがさらにしっかりしています。
前回購入したベロのサドルよりもガバッと穴が空いちゃっています。

f:id:tugune:20180106224423j:plain

取り付けてみましたが、すごい形ですね(笑)
漕がなくても分かる、血がスムーズに流れそう感。

f:id:tugune:20180106225123j:plain

朝、取り付け作業をしたので太陽が眩しいですがこんな感じで留まっています。

f:id:tugune:20180106225236j:plain

よくあるタイプなのでどこサドルでも取り付けは簡単です。

f:id:tugune:20180106225334j:plain

ほほーこれはすごい。さっそく乗ってみました。
一瞬硬めのクッションかなと思いましたが10分過ぎたぐらいからちょうどよくなってきました。
股間ぐらいも調子よく、今までの痺れが嘘のように1時間漕いでも普通でした。
Amazonのレビューで見かけた、サドルの先端の違和感。もほとんどなく、股が擦れるような感じもありません。 

スピンバイクなので、普通のロード等よりもQファクターが大きいという理由もあるのかもしれませんね。
この辺りは相性があると思うのでご参考までに。

バンドルバーで手が痛い

運動するときは、心拍数強化目的でタバタ式の無酸素運動、持久力強化目的で30分〜1時間程度の有酸素運動をしています。

約30分以上になると手が痛い。。

レビューでも解説していますが、硬い金属のハンドルに樹脂のようなコーティングがされているため、硬いんです。

室内なので手袋もしていないので、手の内側が痛くて痛くて、、色々な持ち方をするのですが気休めにしかならず、、

ということでバーテープを導入することにしました。

数ある中でからこの商品をセレクト。

価格も安く、肉厚、エンドテープなども付属しているのでこれだけ替えばOK。

f:id:tugune:20180106221830j:plain

ちょっと雑な感じもありますが、手前を重点的にまきまきしました。
握るとかなりクッションがあり、30分以上漕いでも手が痛くなりにくくなりました。

まー見ためも許容範囲でしょうか。