つぐのブログ

MacとWindows兼用の外付けブルーレイドライブ【BDR-XD07LE】を探して買ってみた

今更、ブルーレイディスク

仕事で扱う重いデータはセキュリティの観点からクラウドを使用することが多く、最近ではCD-RどころかDVD-Rも扱うこともなくなりました。
しかも4Kや8Kの規格が出てきている今、ブルーレイディスクなんてもう必要ないものだと、、

そうそう、自宅での映画鑑賞もAppleAmazonからネット経由ですぐ購入、閲覧できますしね。レンタルショップへ行くことも無くなりましたね。。

 

最近では、USBメモリが使えない会社も多いのでケースバイケースではありますが、USBメモリはこれを常時財布に入れています。
少し昔の製品ですがキャップレスの小型でデザインもいいのでずっと使っています。

64Gあれば現場での一時的なデータの受け渡しで困ることはほぼないですね。

 MacWindows兼用できるブルーレイドライブは数が少ない

そんなある日、ブルーレイディスクを再生しないとイケない自体に、、
自宅にはブルーレイディスクレコーダーがありますが、、持ち運びは無理、、

PCも複数持っていますが、内臓DVDドライブがあるだけです。。

そんなこんなで重い腰を上げて、しぶしぶ購入することを決断しました。

とはいえ、MacWindows兼用できるドライブは数が少ない。
レガシーなドライブなので選択肢はそんなに多くありません。

今回はその中でも特に信頼できるパイオニアからご紹介します。

Pioneer BDR-AD07W

 

【対応OS】Windows 10/8.1/8/7、Mac OS 10.6~10.11、macOS 10.12~10.13
発売まもない製品なので性能や規格の対応は幅広いです。
カラーも3色あります。

クラムシェル対応やAndroidにも対応していて幅の広くスタイルで利用できます。

同じ見た目の BDR-XD07J-UHDは、Macに対応していなので注意が必要です。
また、どれもソフトは付属していないので個別に用意が必要ですが、無料のソフトもあるので後ほどご紹介します。

とくにこだわりが無いならこれを選択しておけば安心かと。

Mac用で有料のしっかりした再生ソフトが欲しいという人向けに、ソフトも後半でご紹介しています。

Pioneer BDR-XS06JL

【対応OS】Mac OS 10.6~10.10。Windows 10~XP SP3
こちらはスロットインモデルです。
Mac純正のDVDドライブと酷似しているので、Macっぽいデザイン希望ならこれ一択になるかと思います。

同じデザインでWindows用、Mac用、兼用とあるので型番に注意しましょう。

BDR-AD07Wと比べると少し昔の機種なので、若干対応規格は少ないですが通常利用用とではほぼ影響ないかと思います。

スロットインタイプなので省スペースで設置できる反面、故障するとディスクが出てこないことが多いタイプでもあります。
不安な人は最初に紹介したパカっと開けるタイプの方が安心ですね。

信頼のパイオニアでは、このどちらかを選んでおけば大丈夫かと思います。

私はBDR-AD07Wを購入しました。

f:id:tugune:20180607174521j:plain
最後までスロットインのオシャレさと迷いましたが、価格差と故障時のリスクを考慮して選択した感じですね。

f:id:tugune:20180607174556j:plain

ここまでパカッと開くといざという時の安心感は半端ないです。
本体のみのタイプはUSB-Cケーブルは付属していないので、MacBookなどはUSB3.0からの変換が必要になります。
変換ケーブルを持っていない人は付属のパッケージもあります。

Mac純正のDVDドライブと並べてみました。

f:id:tugune:20180607175410j:plain
こう見るとスロットインタイプが惜しまれますが、、
サイズ感はほぼ同じぐらいですね。まぁ良しとしましょう。

 USB-C付属とWindows用のソフトが入ったパッケージはこちらです。

イオニアはちょっと、、という人は、こちらが人気です。

I-O DATA EX-BD03W

[対応OS] Windows 10/8.1/8/7、macOS 10.12、Mac OS 10.6~10.11

イオニアより価格が安いのでAmazonでも一番人気の機種です。
Amazonのタイムセールにもかかりやすいのでマークしておくと数千円安く買えるかもしれませんね。
カラーも黒と白があります。対応規格も豊富なので安心して購入できます。

BUFFALO  BRXL-PT6U2

[対応OS] Windows RT/8.1/8/7/VistaMac 10.10/10.9/10.8
ケーブルを収納できるタイプがこちら。デザインが独特なので好き嫌いが別れそうですが、出張など移動が多い人にはこちらがおすすめできます。

 

個人的には他社メーカーのドライブにもパイオニアの部品が使われていたりするので、それならパイオニア買っておけばと思っていたりします。

使うことが少なくなったドライブだからこそ、MacWindows兼用できるブルーレイドライブを買っておいて少しでも後悔を減らしましょう。

自作のブルーレイドライブは、無料の再生ソフトでOK

Official download of VLC media player, the best Open Source player - VideoLAN

VLCの公式サイトです。3.0以上の最新バージョンを入れましょう。
4Kムービーや360度ムービーなど色々なものを再生できるようになりました。

MacWindowsも対応しているので、これを入れておけば何とかなります。
基本的に暗号化されていないブルーレイを再生する際に使用できます。

暗号化されたブルーレイディスクは有料ソフトで対応を

レンタルなど暗号化されているものは、有料のソフトを使う必要があります。
ブルーレイは規格がガチガチなので、、無料で再生しようと思うと素人には難しい。

 Mac対応のブルーレイソフトも選択肢が少ないので、このあたりで手を打ちましょう。

 

 上記はブルーレイ再生に必要最小限の構成のソフトです。
予算がある程度付けられるなら、機能が豊富な下記のプロバージョンの方が良いです。

 Windowsは比較的ソフトもドライブも対応製品が多いので問題は少ないですが、MacAppleが純正でブルーレイに対応していないので、やや難ありです。
ただ、解決策はいろいろあるので少しづつ解決していきましょう。

 

ということで、MacWindowsも両方で使える汎用性の高いブルーレイドライブをまとめてみました。