つぐのブログ

Oculus Goの「フィット型接顔パーツ」を買って徹底的に比較してみた

そう言えば、先月Oculus Goを購入してました!

先月購入したOculus Goですが、すっかりレビューするの忘れてました。

本体のレビューはすでにネットに溢れているので最近購入した「フィット型接顔パーツ」についてレビューしたいと思います。

Oculus Goの「フィット型接顔パーツ」は下記の正規サイトで購入できます。
クレジットカードを登録するのは怖いのでペイパルを通して買いました。

アクセサリ・パーツ | Oculus Go

先週の金曜日に注文、約1週間ほどで到着。

f:id:tugune:20180608105814j:plain

さっそくデフォルトの鼻が高い人向けのパーツと、アジア顔向けのパーツを比べてみたいと思います。

まずは、見た目の違い

f:id:tugune:20180608105837j:plain

これが今回購入したアジア顔向けの「フィット型接顔パーツ」です。
デフォルトのパーツとそんなに差がないかなと思ったんですけど、結構違いました。

f:id:tugune:20180608105858j:plain

左がデフォルトのパーツ。右が「フィット型接顔パーツ」。

最初に目に付くのは、目の周りに開けられた形状。アジア顔向けだからなのんか、後期型だからなのか変わりませんが、縦方向に長くなっている気がします。

あと、おでこが当たる部分の形状もかなり違います。

f:id:tugune:20180608105914j:plain

パーツを倒して下側を撮影してみました。
鼻の長さがかなり短くなっています。内側の黒い部分の長さがそのまま隙間になるので、右の「フィット型接顔パーツ」はざっと1cmほど短くなっています。
ほほの部分も厚みがなくなりシャープになっていますね。

f:id:tugune:20180608105934j:plain

2つを重ねて上から撮ってみました。
一応、2つを同じ角度になるように注意して撮ったのですが、かなり違いますね。
デフォルトのパーツは鼻の形状がそのままバックリと開いているのに、「フィット型接顔パーツ」は鼻の先端部分がスポンジで埋められています。

f:id:tugune:20180608105954j:plain

2つを話して上から撮影しました。
上が「フィット型接顔パーツ」。下がデフォルトのパーツです。

撮影する際に「フィット型接顔パーツ」は鼻の角度が浅いようで同じ角度で撮影できなかったので、鼻下にマニュアルを挟んで同じ角度にしています。

おでこの部分のラウンドがデフォルトのパーツは鋭角ですが、「フィット型接顔パーツ」は緩やかなカーブになっていますね。

体圧分散されて、これならおでこの痛みが緩和されそうですね。

f:id:tugune:20180608110021j:plain

おでこ部分の違いが気になり、角度を変えてもう一度比べてみました。
おでこ部分の厚みが結構違いますね。「フィット型接顔パーツ」は緩やかなカーブのおかげで、かなり肉厚になっています。

Oculus Go本体に装着しました。

f:id:tugune:20180608110136j:plain

こちらがデフォルトのパーツですが、改めてみると鼻部分の隙間がすごいですね!

f:id:tugune:20180608110155j:plain

こちらが「フィット型接顔パーツ」です。鼻部分の隙間がかなり埋まりました。
また、頬骨が当たるクッションの厚みも減っています。

 

 

「フィット型接顔パーツ」を装着した感想

正直、ここまで違うと思っていませんでした。

・おでこのクッションの厚みが増えた
・おでこのクッションのラウンドが浅くなった
・頬骨のクッションの形状が変わった
・鼻の形状が浅くなった
・目のくりぬき形状が変わった

結果、下記のような変化がありました。

まず、視野角

本体は同じなのにクッションを変えるだけで視野の広がり方が変わりました。
たぶん、目の前後位置が変わったのと、ほほとおでこのスポンジの厚さが変わり垂直方向の角度が変わったためだと思われます。

そして、デフォルトのパーツのときは、鼻の先辺りにロングノーズのスポンジが交差するように視野に入り下部の視界が阻害されていたのですが、「フィット型接顔パーツ」に変えるとその物体がなくなり、下部方法の視野が広がりすっきりしました。

顔の痛みが減った

次に、おでことほほの痛みが確実に減りました。
デフォルトのパーツの時はほほにスポンジが刺さり、すぐ赤くなっていたのですがそれも無くなりました。
おでことほほを点で支えていたのが、面になった印象です。

鼻の隙間が減った

写真で見てもらうとわかりやすいですが、鼻の先端に空いていた隙間がなくなり、画面に没頭できるようになりました。
試しにゾンビゲームをしていたのですが、怖さが確実にましましたね、、
カメラを持ってくるのがめんどくさくなったのでスマホのカメラで撮りました。

f:id:tugune:20180608114244j:plain

これがデフォルトのパーツを装着したときの鼻の位置です。
鼻の前の黒いところが隙間です。裸眼で着用しています。

f:id:tugune:20180608114224j:plain

これが「フィット型接顔パーツ」を装着したときの鼻の隙間です。
見事に埋まっています。
鼻の先端は数ミリ余裕はあるのですが、斜めになっているので目には光が届いていません。
鼻の横はやはり多少隙間があり光が入ってきますが、デフォルトのパーツとは比べものにならないぐらい全く違います。
見比べると、今までよくこれで見てたね!というぐらい違いますよね。

 

オフィシャルサイトでも送料込みで2500円ほどなので、そんなに負担ではないですが日本で売るならこれをデフォルトのパーツにするべきでしたね。

「フィット型接顔パーツ」は、鼻の隙間が埋まるだけではなく、視野のすっかり感や顔の痛みまで改善されるので、買うか悩んでいる人は買いだと思います。合うか合わないかは顔との相性なので絶対とは言えませんが、、