つぐのブログ

MacBookのプライバシーフィルム「UNIQ MacGuard マグネット式プライバシーフィルム」を買ってみた

のぞき見防止!外で仕事するためのプライバシーフィルムです。

昨年、MacBookを購入してから色々なプライバシーフィルムを使ってみました。そのほとんどが貼り付けるタイプで、付けっぱなしの人はいいですが、相手に画面を見せたり、写真の色を確認したりするときに外すのがかなり億劫でした。

その中でも一番使い勝手が良かったのがこの「UNIQ」という会社の「MacGuard マグネット式プライバシーフィルム」です。

ざっくりいうと、マグネット式で取り外しが簡単裏と表を変えるだけで、ノングレアとグレアが入れ替えられる。こんな便利なものがあったなんてという感じです。

UNIQ MacGuard マグネット式プライバシーフィルム

f:id:tugune:20180610021444j:plain

ほぼ一年間使ってみましたが、やっぱりこれが一番良かったです。

電車や新幹線に乗っているとその席の環境によって、窓の映り込みが多かったり、少なかったり。これなら両面仕様になっているのでグレアとマットを好きに入れ替えできます。そしてマグネット式のため、付け外しがかなり簡単!

f:id:tugune:20180610021504j:plain

パッケージを開けると、折れ曲がらないように厚紙と一緒に同封されています。 

f:id:tugune:20180610021537j:plain

ベゼル部:約2mm。フィルム部:約0.5mm

唯一のデメリット!厚みがあるので閉じたときの締まりが悪い、というか完全には閉まらなくなります。MacBookはバッグインバッグに入れているので大きな支障はないですが、ここだけマイナーチェンジして改善してほしいところです。ただ、革のような質感になっているので多少の高級感はあります。

実際に装着してみました。こんな感じ。

f:id:tugune:20180610021742j:plain

視野角は60度(左右30度)ほど。上下は比較的そのまま見えます。MacBookを持ち出さないときは、明るさを最大にして正面から見ていると、フィルターを付けていないかのような自然な色合いをしています。

f:id:tugune:20180610021652j:plain

少しずれると急激に暗くになります。 今付けている表面はノングレアです。ノングレアは反射が少ない分、グレアよりも画面が少しだけ見えやすくなる気がします。

f:id:tugune:20180610021714j:plain

グレアに付け替えてみました。ちなみに、マグネットは上部の革っぽいところだけなので、下部は浮くかたちになります。ただ、使っている最中のモニターは上方向を向いているはずなので、特に不便はありません。 

実際に外で使ってみました

f:id:tugune:20180610022233j:plain

電車に乗るタイミングがあったのでテーブルに置いてみました。こういうときMacBookの12インチは快適です。横にドリンクやお菓子もおけるほどコンパクト。

これはプライバシーフィルターを使っていない状態です。丸見えですね。

f:id:tugune:20180610022258j:plain

グレアでプライバシーフィルターをかけてみました。画面を明るくすると薄らタスクバーあたりが見えますが、ほぼ何も認識できずほぼ真っ暗。 

 

f:id:tugune:20181203194416j:plain

窓際の席に移動させてみました。外の光がかなり反射していますが、フォルダの形や壁紙までしっかり見えています。 

f:id:tugune:20181203194438j:plain

グレアの状態のプライバシーフィルターを付けると反射の影響もあり、まったく画面が分かりませんね。

使ってみた感想

正直、今のところ最強ですね。プライバシーフィルターは価格も高いので、失敗するとかなり痛いですよね。これなら迷うことなくおすすめできます。閉じたときの締まりは悪いですが、、。ということで、これからはこれ一本で使っていこうと思います。

 

メーカーのHPにもっと詳しい内容や取り扱っているインチなども記載されています。

「簡単着脱」ピタッと貼付くのぞき見防止フィルム|PRODUCTS 製品紹介|マグネット式プライバシーフィルム

 12インチのほかに13インチや15インチもありますね。参考までに12インチのリンクを残しておきますね。