仕事にも使える Aerの【FLIGHT PACK 2】3Wayのバックを買ってみた

サンフランシスコのブランド「エアー」です。

「Travel Pack 2」や「FLIGHT PACK 2」のバージョンアップで知名度がどんどん上がっているのか、最近、色々な場所で見るようになりました。

かなり太い1680Dのバリスティックナイロンを使っていることからも、トュミやブリーフィングを使っている人はたまらないんじゃないかと思っています。

トュミやブリーフィングはビジネス感がかなり強いデザインですが、エアーは若干カジュアル。ただ、ザ・リュックって感じのカジュアルさはないので、大人の男性にぴったりだと思います。方向性としては、ノースフェイスシャトルデイパックを少しコンパクトにして精度を高めたイメージですかね。

エアーは特に「Travel Pack 2」が人気で、海外のYouTuberもたくさんレビューしています。が、デイリーで使うには大きすぎるので、もう少し小さくてPCなどのガジェットも入れられるバッグを探しているなら、まさにぴったりだと思います。

さっそく開封しました

f:id:tugune:20190625121514j:plain

ブリーフケースとしても使えるこの佇まい。今回購入したのはブラックなので、仕事用としても全然いけそうです。

f:id:tugune:20190625121606j:plain

商品タグです。YKKのジップ、15.6インチのノートパソコンまでOK、21Lなどのスペックが羅列されています。

容量21LってブリーフィングのNEO TRINITY LINERで13L。TR-3 S MWで18Lなのにそんなに入るのでしょうかね、、若干信じがたいです。

f:id:tugune:20190625121609j:plain

しっかりとしたショルダーストラップも付属しています。

f:id:tugune:20190625121601j:plain

リュック時の縦にするとこんなイメージです。違和感なし。横よりも縦にしたときのデザインの方が好きですね。

細部を詳しく見ていきます

f:id:tugune:20190625121518j:plain

ブリーフケースとして使ったとき、上側から見たアングルです。

写真のファスナー右端を見てもらうと分かる通り、端までファスナーがありません。ということは、収納物を取り出しにくいですよね、、これ、、

このファスナーの構造を考えると、リュックとして使うことを大前提として作られていることが分かります。 

f:id:tugune:20190625121525j:plain

定価2万8000円だけあって作りはしっかりしています。細部をクローズアップしていますが、ちゃんと縫製されています。細かいパーツが多い!

f:id:tugune:20190625121521j:plain

ここまで綺麗に作り込んであるなら納得の価格です。

f:id:tugune:20190625121559j:plain

肩のストラップもクッション性が高く、かなりしっかり作られています。

ブリーフィングはこのあたりのクッションがあまりありません。リュック前提か、ブリーフケース前提か、で作りが分かれているのがよく分かります。

f:id:tugune:20190625121523j:plain

シンプルなロゴ。全然目立ちません。逆にそれが良いです。

セキュリティにも配慮

f:id:tugune:20190625121528j:plain

南京錠を付けられるダブルファスナー仕様になっています。

海外旅行などには便利です。担いでいる際、勝手にファスナーを開けられるリスクが減りますよね。国内メーカーだとあまり見ないです。

f:id:tugune:20190625121532j:plain

この手提げ部分もセキュリティに一役かっています。写真のように一番下までファスナーを下げたとき、手提げ部分が邪魔になって上に上げることができません。

f:id:tugune:20190625121536j:plain

ここにも。持っている人だけが知っている秘密のポケットです。

f:id:tugune:20190625121529j:plain

こんな感じで携帯やパスポート、財布程度のものを入れることができます。ファスナーの補助パーツ?紐?を取ってしまえば、より防犯性のは上がると思います。

収納スペースを見てみます

f:id:tugune:20190625121537j:plain

PCの収納部分ですが、前後ともに肉厚クッションで守られています。最大15.6インチまでいけるようですが、12インチのMacBookを入れてみました。奥まで入れるとまったく見えなくなります。

f:id:tugune:20190625121539j:plain

外側のファスナーを開けると出てくるガジェットスペースです。バッテリーやケーブルなどここだけでほぼ収納できそうです。

f:id:tugune:20190625121541j:plain

この部分は下部まで繋がっているので、本や書類なども折り曲げずに入ります。

リュックのイメージ

f:id:tugune:20190625121544j:plain

背負うとこんなイメージです。ブリーフィングやトュミと比べて、ブリーフケースを背負っている感が少なくて良いですね。

 

f:id:tugune:20190625121546j:plain

かといってカジュアル過ぎない大人の雰囲気。30代や40代の人に良さそうですよね。

f:id:tugune:20190625121548j:plain

上から見た構図です。180cmオーバーの人の目線のイメージですが、これなら先ほどの秘密のポケットも気づかれなさそうです。

f:id:tugune:20190625121553j:plain

フライトパックの名前だけに、ドリンクスペースも確保されています。ちょっとした移動を考慮しているからでしょう。

リュックのイメージ2

f:id:tugune:20190625121557j:plain

これ分かりやすいですね!夏のTシャツといったカジュアルな格好でも違和感ありませんよね。リュックメインとしてデザインされているだけあって、普段使いにぴったりだと思います。

f:id:tugune:20190625121613j:plain

ブリーフィングのNEO TRINITY LINERです。これもこれでアリですが、なんか力強いというか、少したくましいイメージになります。

素材の雰囲気はほぼ同じなんですけどね。丸みのあるデザインと、スクエアっぽいデザインの違いなのでしょうかね。あと、厚みはそんなに変わらないんですけど、横から見ると、FLIGHT PACK 2のほうがおさまりがいいですね。とてもスマートな印象に見えます。

 旅行にもおすすめ

f:id:tugune:20190625121604j:plain

フライトパックだけあって、スーツケースにドッキングできるパーツもあります。今スーツケースが手元にないので、ハンドルを通す部分にファイルを挟んでいます。 

 まとめ

f:id:tugune:20190625121625j:plain

思ったよりも良かったです!最初は下記のような普通のリュックにしようと思っていたのですが、私が背負うと若干大学生感というか、カジュアル過ぎるというか、

上記のシンプルなリュックもオシャレだったので最後まで悩みました。が、もういい歳だし、ガジェットも入れたいし、大人っぽさ出したい、とか色々考えてたら、これ買ってました。

f:id:tugune:20190625121629j:plain

妻にまた同じようなの買ってーと言われまして、、

確かにサイズ的には今使っているブリーフィングとさほど変わらないし、重さも同じぐらいだし、素材感も一緒だし、なぜこれ買ったの!と攻められると抵抗できないのですが、、

f:id:tugune:20190625121635j:plain

まあこういうデザインが好きなんでしょうね。プライベート用のリュックって持っていなかったので、第一弾としては成功ということにしましょう。普通にカッコいいんですもん。スマートな雰囲気のリュックを探している方にはおすすめできます。