つぐのブログ

【アルインコ】VS 【コナミ】のエアロバイクを保証内容や修理方法で比較してみた

大前提。修理必須。エアロバイクは壊れやすい。

「フィットネスバイク」「エアロバイク」で検索する上位に上がるエアロバイクの負荷方式は、マグネット式や電磁式がほとんど。どちらも内部パーツが可動するのでいつかは壊れる。

過去に何度か、安い価格帯のものを購入したことがあるけど、とにかく壊れる。

モニターが付かなくなる、負荷がおかしくなる、バギッ、ガコガコ、コンッなど異音する。。新品の時は静かなのに数時間、数週間でほぼ鳴る。。

理由は安価なパーツの組合せで作ったものが多いからだと推測する。

つまり漕ぐという動作で安価なベアリングやペダルシャフトなどのパーツが容易に消耗、さらに負荷を掛け続けさらに消耗、それを安価な電子部品で制御するという3重苦が組み合わせてエアロバイクはできている。色々な家電製品で比べて初期不良も多いのではないかと思う。

丈夫なエアロバイク買えばいいじゃん!

と思うけど、価格がかなり高い。

たとえば、ジムやアスリート用で使われているコナミの製品。

なんと70万円越え、、

 これが家庭用になると10万円程度まで下がった。安いと思ったけどまだ高い

 Amazonのランキングで上位はというと2万円。現実的になってきた。

この「ALINCO(アルインコ) 」というメーカーが有名でこれを使っているひとも多いと思う。あとは、高い価格帯として紹介したジムや医療機関などでも使われている「コナミ」、ダイコー、フジモリなどはすぐ発見できると思う。

過去に何度も壊れた経験から、保証内容や修理方法を中心に比較検討してみる。

壊れたら買い換えるという方法もあるが、今現在の気持ちとしては、できるなら長く使って都度修理したい。なぜかというと処分に困ったから。軽いエアロバイクでも約20キロぐらいするので、いちいち捨てるのが大変。。

ということで、検討するのは2メーカー。

有名な「ALINCO(アルインコ) 」とちょっとお高い「コナミ」。

 まずは、「ALINCO(アルインコ) 」

Amazon楽天も比較的買いやすいアルインコ。価格も1万程度から4万円と比較的手が出しやすいのが魅力。価格面から見ても壊れたら買い換えしやすい。

特にダイエット目的の場合は、高い負荷が必要ないので安価なモノでも十分と思う。

上記で紹介したAmazonで一番人気の「AF6200」はサイズ的にも価格的にもおすすめ。保証は1年なので毎年1年後に壊れたとして、5年で10万円。10年で20万円の計算になる(実際はもっと長いと思うけど)。

アルインコのエアロバイクの性能を比較検討したいひとは、このページが見やすい

修理方法について

メーカーに問合せたところ、基本は郵送修理になるそう。

本社が大阪ということもあり、大阪周辺だと出張修理にも対応している。

消耗品はハンドルやサドル、ペダルなどで内部にもベアリングやゴムなどは消耗品扱いになり実費。そのため不具合や気になることがある場合は初期不良で直しておくのが良いと思う。ちなみに郵送代は無料とのこと。

保証期間内でも修理になると基本郵送なので、可能であれば箱を取っておきたい。

電機屋の延長保証に入った場合の修理方法ついて

ネット購入だと郵送修理で理解できるが、ビッグカメラなどの量販店で購入した場合、延長保証に入った場合はどうなるのか。

量販店などで延長保証に加入した場合は5年間等にのびるため、購入価格がネットとあまり変わらない場合、5年で2万円。10年で4万円とかなりコスパが良くなる。

実際にビッグカメラで聞いてみた。

基本的にメーカーの修理方法にのっとると言われたので同じと思われる。。

店頭に置いている種類はかなり少ないので欲しい機種を決めて注文するのがおすすめ。メーカーの取り扱いがあれば基本的に取り寄せてもらえる。

例えば、ビッグカメラにも取り扱いがある下記の商品は、電磁式負荷のため価格は高いが、性能はアルインコの中でも上位になる。これが5年保証付きで買えるならありだと思う。

ただ、延長保証時の消耗品の取り扱いについては、メーカー側が消耗品と言えば実費、通常部品となれば保証範囲内になるということで、上記消耗品については多少運次第な感じが強い。

次に、「コナミスポーツクラブ

こちらもAmazon楽天で購入可能。ビッグカメラなどの量販店でも取り扱っている。一部の販売店を除き、ネットではコナミスポーツが販売発送を行っているケースが多いので価格は定価で安定してる。

エアロバイクの家庭用は2種類しかないのでどちらかを選ぶことになる。

 

 こちらのほうが安いが駆動方式にチェーンとベルトが使われているので少々うるさい。一軒家のひとは、こちらでも良いかと思われる。コンパクトで良いのだけどマンションなどで夜中に運動したいひとには下記のaiをおすすめする。

こちらの駆動方式はベルトで静音設計のため比較的静か。音を気にするケースのときはこちらがおすすめ。ただ価格が若干高くなるので予算次第なところ。

修理方法について

こちらは基本出張修理。

全国に提携業者さんがいて来てくれるそう。1年保証期間内は無料で出張修理してくれるのでかなり魅力的。保証期間が切れたあとは、出張代が当方のエリアでは約1万円と修理部品代。一見高いようだけど人が動いてくれることを考えると比較的良心的な価格設定のような気もする。

消耗品の取り扱いに関して問合せたところ、内部パーツに消耗品はないとのこと。サドルやペダル、ハンドルなど消耗品はオプションで販売されているものだけなので、基本的に外側部分の身体が触れるところだけが消耗品扱いということらしい。

ということで、コナミの場合は箱は捨ててよいと思われる。

電機屋の延長保証に入った場合の修理方法ついて

 先ほど書いたとおり、内部パーツに消耗品はないので電機屋等の延長保証に入った場合は、基本出張修理と内部パーツ代は5年間無料ということになる。

これは思ったよりもお得な気がする。

ただ、aiの場合、価格がかなり高いのでコスパがいいかと言われると悩ましい。

医療機関で導入している所が多いだけあって、エクササイズメニューなどが充実しているので、そのあたりに魅力を感じるならありだと思う。

結局、どちらを買えばいいのか。

大前提。壊れやすいと言う面を考慮すると、延長保証に入りたい。

1つ気になるのはアルインコはメーカーがセールを時々行うことがある

決算時期などに半額セールや30%オフもあったりするので、タイミングがあったときはセールで買うのが一番安い。正直、延長保証に入る必要はなくなるほど安い。

欲しいタイミングとセールが重ならないときは、ネットと店頭価格の差異はあまりないと思うので延長保証に入って買った方がいい。

コナミでセールをみたことはないので買うタイミングはいつでも同じ。

 

・ダイエット目的で負荷の低いエアロバイクがほしい!

・エアロバイクを買うのが初めて!

上記のひとは、コスパが良いアルインコ一択だと思う。

コナミの最大負荷は約200W。アルインコだと「AFB7012」「AFB7014」がそれに近い。詳しくはアルインコの比較ページの製品比較表 を参照)

特に初めての人は安いエアロバイクを買って続くのかを体験するのがベスト!本当によく服掛けになっているエアロバイクを発見する。

ダイエット目的ならデザインの気に入った安いものでOK。

元の価格が安いので、都度買い換えていくのがいいと思う。3万を超えるような機種の場合は延長保証加入がおすすめ。

 

・ダイエットもしたいし、エクササイズトレーニングや体力テストもしたい!

・そろそろ長く使える本格的なものがほしい!

上記のひとは、初期投資が高くても高性能、多彩なプログラムで長期的に使い続けられるコナミ一択だと思う。

アルインコは製品の種類に関わらず運動時間30分制限あり、コナミは制限なしということもあるので、満足いくまで運動できるコナミがおすすめ。

ブログレビューなどでもコナミは10年選手の機種が多くあり、古くからある機種だからこそ修理方法も確立されていて、パーツが廃盤になる可能性も少ないと言える。

個人的な感想

まれに長く使おうと思ってもメーカーが倒産したり、機種が廃盤になると修理ができず捨てるしかなくなるので、あまり名前を聞かない会社から買うときは要注意。アルインコやコナミはその点、安心感が高いと思う。

また、どちらもオークションやフリマなどでもよく出品されているので、安く手に入れる方法もなくはない。ただ、ハズレを引くケースもあるので慎重に選びたいところ。

 

2メーカーについて色々調べてみて、私の場合はエアロバイク経験者でトレーニングとしても使いので、延長保証に入れる製品で、負荷の高いものを選択するべきだと思った。

コナミのaiは、14万円(還元ポイント考慮せず)で5年保証に入ったとして年間2万8000円、月間2333円、ジムに通うことを考えれば安い。ふたりで使えば一人1166円。

ん、、金銭感覚がおかしくなりそうなので、一息ついて再度検討したいと思う。