TUGU VIEW

妻に呆れられるほど細かい思考の末、最善の選択で購入させて頂いた「モノ・サービス」をレビューしています

破損したソニーのレンズをVISAのポケット保険「携行品損害」を使って修理してみた

α人生初のレンズ修理&初の保険依頼

ブログの撮影には、α7SⅡにEマウントレンズ「SEL90M28G」を付けているのですが、ちょっと休憩しようと思った矢先、手を引っかけてしまいカメラごとコンクリートの上に落としてしまいました。。悲劇

不幸中の幸いですが、、VISAのポケット保険の「携行品損害」に入っていたので、損害分はこの保険で担保してもらうことにしました。

外観上の破損

f:id:tugune:20190722164134j:plain

ぱっと見、どこが破損しているか分からないですね。状況としてはレンズからコンクリートに衝突、その後、本体がかすかに接触、半回転して着地、、

f:id:tugune:20190722171158j:plain

分かりやすいようにアップにしました。前方の枠の部分が破損。そして外傷を発見、、

f:id:tugune:20190722164246j:plain

完全に外れてしまいました。悲しみ

f:id:tugune:20190722171215j:plain

結構堅いプラスチックのはずなのに、思いっきりえぐれています。あれだけ大きな音がなったのに軽傷のように見えますね。まあ割れたりしてないですからね。

 

f:id:tugune:20190722171203j:plain

本体部分は軽く擦ったような傷が複数あります。

f:id:tugune:20190722164047j:plain

シュープレートも若干の傷があります。が、今回付いた傷がどれか分かりません

 内部の破損

f:id:tugune:20190722164223j:plain

問題はここですね。ピントがまったく合いません。というかピントが動きません、、

f:id:tugune:20190722164234j:plain

ほかのレンズに交換すると一応ピントは動きました。ということは、やっぱりマクロレンズの破損が原因ですね。念のため本体も点検してもらおうと思います。

ソニーに修理依頼

ソニーの修理センターに電話しました。私はビックカメラで&延長保証に加入しているので、ソニーに直接郵送して修理と、購入店経由での修理の2種類が選べるようです。

ソニー直だと郵送料が約2000円ほどかかるもよう。でも、結局ソニーの修理工場で修理するんだから直のほうが絶対早いじゃん!ということで直でお願いしました。

2日後、郵送業者さんがカメラを取りに来てくれました。

見積り連絡 

 数日後、ソニーの修理センターから電話があり、修理内容と見積り金額を教えてくれました。カメラ本体はまさかの異常なし!レンズの修理代と送料合わせて、4万6224円。

まあ本体金額、レンズ金額を考慮すると想定内ですよ、、逆にカメラ本体が無事だったので、最悪の事態は回避できたもよう。

修理には約10日ほどかかるようです。

修理完了

約10日ほどで郵送されてきました。支払いは現金で宅配業者さんに払いました。

f:id:tugune:20190725163250j:plain

マクロレンズ「SEL90M28G」の修理明細です。外装の破損、光軸不具合など色々破損していたようです。これだけ破損する衝撃だったのに、カメラ本体が未修理というのは本当に救いですね。f:id:tugune:20190722165105j:plain

修理明細と保護材を外すとカメラが姿を現しました。すごく丁寧に包まれています。

f:id:tugune:20190722165116j:plain

真空状態に密閉されています。交換前のパーツも一部帰ってきました。

f:id:tugune:20190722165127j:plain

仕事が丁寧ですね。

f:id:tugune:20190722165137j:plain

当たり前ですが復活です!やっとブログが更新できます。

f:id:tugune:20190722165158j:plain

よかった。これで一安心ですね。液晶保護シートはもちろん、設定なども生きているので、初期化等はされていないようです。

 f:id:tugune:20190722164933j:plain

ピントもちゃんと合う。結局、破損日から半月ほどかかっています。旅行シーズンじゃなくて良かった。惨劇は回避しました。。

携行品保険の処理

あとはこの4万6224円を保証してもらう手続きです。

VISAのポケット保険に問合せると約1週間ほどで封筒が送られてきました。 

詳細を記入して、領収書等と一緒に返送です。特に複雑な箇所はなかったです。さらっと10分ほどで処理終了。

ちなみにVISAのポケット保険の携行品損害は、年間10万円までで1品最大10万円の内容に入っています。

事故から1ヶ月後

保険会社から「振込みますね」の封書が到着。

修理代4万6224円から免責を引いた金額が指定口座に振り込まれました。

比較的早めに対応したこともあり、事故から約1ヶ月で支払い完了になりました。

保険の大事さ

携行品損害保険も大事ですね。使うことないだろうなと思っていたので良かったです。実はこの保険、服とかバッグでもいけるようなので入っておいた方が安心かも。

VISAのポケット保険は、年間10万円で本人型ならオプションで80円ですが、基本プランに入らないといけないので、入院500円と合わせて月120円。年間で1440円で10万円までの保証ならありじゃないですかね。


私の場合、携行品損害保険のほかに、賠償責任保険を3億まで付けています。

賠償責任保険といえば、火災保険に付属していますが保証金額が安いんですよね。人身事故系の自転車事故などの1億超えはほぼ対応できません。かといって自転車保険は怪我や入院など私には無駄な内容(医療保険との被り)が多いので、ポケット保険で必要なものだけをチョイスしています。

入院500円(基本プラン最安)と携行品損害10万円、個人賠償保険3億で、本人型だと月240円。夫婦型で月290円、家族型で400円です。
 本人、夫婦、家族のプラン変更や、プラン内容の変更がすぐできるのはネット保険ならではで便利ですね。

まとめ 

今回の事故を踏まえて、発売したてのソニーのカメラは、やはりソニーオンラインストアで購入して物損保険を付けるのをおすすめします。株主優待と合わせれば、金額的にも保証内容的にも無敵です。

実は私もこのカメラやレンズを購入するとき考慮しましたが、発売から時間が経っていたこともあり、価格面で安い方に走ってしまいました。そんなときは何かしらの携行品保険等に入っておいたほうがいいですね。私みたいに最悪の事態は避けられるかもですよ。。