つぐのブログ

カンブリア宮殿に登場!「水沢ダウン」で人気の【マウンテニア】を買ってみた

今年は念願の水沢ダウンを購入したい!

12月の初旬なのに最高気温20度とかいう異常気象の暖冬で、毎日ぽかぽかしているなと思っていた矢先、、いきなり真冬の気温になりなりましたね。

最近までずっとタトラスなどの細身のダウンジャケットを着ていたのですが、昨今のビッグシルエットの影響もありアウターを買い換えることにしました。

そこでやっぱり手に入れたいのはメイドインジャパンの水沢ダウンです。海外物ももちろん良いのですが日本で良いものがあるならぜひ応援したい。

やっぱり熟練した職人の手で一つひとつ作られていくモノはいいですね。とくにこの水沢ダウンはパーツが多く、手間もかかるダウンジャケット(普通のダウンの4倍らしい)なので多少価格も高いですが、手に入れたかったダウンのひとつです。

気になるのは、シームレス加工ということ。シームレスだと寿命が短いのでは?と思ってメーカーに聞いてみました。すると、「発売から数年以上経つけど、シームが剥がれたという話はほとんどない」「また状況にもよるけど修理は可能」とのことでした。確かに某ファストファッション系のダウンジャケットとは、コストの掛け方が違うようなので耐久性は全く違うのかもしれませんね。ネットでかなり検索しても「シームが剥がれてしまった」的な記事は見つからないですね。

f:id:tugune:20181208161345j:plain

まさか大好きなカンブリア宮殿で放送されるなんて!

 水沢ダウンは、デサントというスポーツメーカーのダウンジャケットで、水沢工場のみで作られています。そのため、カナダグースやタトラスみたいに大ブームになるぐらいの大量生産ができず、少しマニアックな位置づけで気長にのんびにずっと着られていいねーと思っていたら、まさの特集!
水沢ダウンの魅力が多くの人に伝わるのはかなり嬉しいです!このダウンがもっと好きになってしまいそうな予感!ただ、良すぎてへんなブームにならなければいいなと思う今日この頃です。

12月13日(木) 夜10:00~10:54

マウンテニアかアンカーのどっちを選ぶのか

これが最大の問題でした。トレンド感がありスポーティなマウンテニア。定番のベーシックなスタイルで半永久的に着れるのではと思わせるシンプルなアンカー。どちらも捨てがたい。

決め手は、末永く愛し続けられるアンカーはもう少し歳取ってからにしよう!です。今着るならマウンテニアじゃないかと思いました。もともと、本格的な登山用に作られたマウンテニアですが、その仕様が実はいまのトレンドに載っているという奇跡。襟部分のビッグカラー感、袖の長い感はビッグシルエットの流れにばっりち乗っています。別注なら今年のブラウンを満喫することもできます。

そのためSとMのサイズ感ものちほど詳しく説明していきますが、Mサイズにしました。

マウンテニアをレビューします

f:id:tugune:20181208192340j:plain

マウンテニアという名前のダウンジャケットです。襟のボリュームと袖の長さが特徴的ですね。ダウンの量は登山用ということもあり、アンカーより少なめです。少ないですが、街着用としては十分です。

また写真を見てもらうと分かるのですが、腕がクネクネして見えますよね。これは腕の位置によってダウンの量が変えてあります。例えば、風が当たりやすい外側はダウン量が多く、内側は動きやすいように少なくなど。日本人ならではの、こういう細かいところ好きです。

f:id:tugune:20181208161256j:plain

胸の辺りにあるジップはベンチレーション機能のついたポケットです。暑いときに開けて外気を取り入れる場所ですね。水沢ダウンは通常のダウンと違い、シームレスのため熱が漏れる隙間が少なく、熱を逃しにくいことが知られています。そのためダウン内のオーバーヒートを防ぐ目的で、数カ所にこのようなベンチレーションが設けられています。ちなみに、ポケットとして使用するとちょっと高い位置にきてしまいます。やむを得ないところですが、もう少し下まで伸ばしてもらえるといいんですけどね。

f:id:tugune:20181208161321j:plain

フロントのジップにもベンチレーションが付いています。「DUAL ZIP VENTILATION」というそうです。上の写真はベンチレーションを閉めた状態。

f:id:tugune:20181208161358j:plain

ベンチレーションを開けた状態。よく見るとジップの横にメッシュがありますよね。ここから、外気を直接取り入れることができます。自転車に乗っていて暑くなってきた、でもフロントを開けるとかなり寒い、みたいな状況で活躍できます。

f:id:tugune:20181208161333j:plain

後ろからみたシルエットです。一応ショート丈ですが、一般のものより若干長めの印象で、腰部分もしっかりと守ってくれます。

f:id:tugune:20181208161412j:plain

フロントのジップを完全に上げるとこんな感じです。ジップの金具が顎に直接触れないように小さなカバーがついていますね。

f:id:tugune:20181208161426j:plain

このパウダースカートが付いているのも登山用ならではですね。動いていると裾部分を締めていても隙間ができて、雪や風が入りやすくなります。そんなときでもパウダースカートを使うと下から入ってくる雪や風を防ぎ、ダウン内の温度を保つことができます。

f:id:tugune:20181208161439j:plain

この洗濯用ジップの存在に驚きました。あまりに密閉性が高いので、洗濯に難があるそうです。水がダウンの内側から抜けるように、洗濯用の隙間が用意されていました。

f:id:tugune:20181208161452j:plain

内ポケットも封筒が入るぐらい大きめのものが用意されています。

f:id:tugune:20181208161505j:plain

袖部分も雪や風が入り込みにくいように2重構造のリブ付きです。

f:id:tugune:20181208161519j:plain

頬に当たる部分にはナイロンではなく、優しい起毛素材が使われています。

f:id:tugune:20181208161532j:plain

首が当たる部分には、ダウンと身体の密着性を高め保温力をさらに高めるリブジャージーというものも付いています。

f:id:tugune:20181208161546j:plain

これも面白いですよね。パラフードシステムというフードに蓋をできるジップです。フードを使わないときは雨や雪が入らないように、閉めておくことができます。

襟の部分は擦れやり汚れたりしやすいためか、強度の高い硬めの素材が使われています。この硬さは襟を立たせるのにも丁度良いのだと思います。

f:id:tugune:20181208161232j:plain

ほかにも色々な機能が付いていますが、こんな細かいパーツを全部手作業で取り付けていくと思うだけで気が遠くなりそう。価格は約10万円と安くはないですが、ダウンジャケットの細部を見ていると、まあそのぐらいするよねと感じでくるから不思議です。

実際に着用してみました

f:id:tugune:20181208184538j:plain

上記でも紹介したコーディネートで再度着用してみました。 

マウンテニアSサイズの印象

最初、Sサイズを試着しましたが、肩が突っ張ってしまい薄いニットだけ着ていても少し肩が苦しい感じでした。腕部分もかなり細めの作りで、薄いニットが限界かな。また、脇の部分もベンチレーションが思いのほか脇に食い込むパターンなので、さらに圧迫感が強くなってしまいました。ん、、ロングTシャツがメインならちょうどいいかもです。通勤で自転車に乗るので前傾姿勢は少ししんどそうに思いました。

逆に胴回りはちょうどよく、ほぼジャスト。腕の袖丈も着丈の長さもほどよく丁度よかっです。他人から見た見た目もSだと少し小さめかジャストぐらいで、かっこ良く着こなせそうな感じ。ただ、やはり肩周りのサイズが小さいこともあり、Sは選択肢から外すことにしました。

f:id:tugune:20181208165603p:plain

私の体型は身長172cmで、体重は約58kg。日本人の平均的でよくいるタイプです。たぶんこのぐらいの体験の人だと、Sサイズを選んでいる人が多いとは思います。ただ、わたし、、肩幅が意外とあるんですよね、、

マウンテニアMサイズの印象

 Mサイズも試着しました。サイズ感ですが、肩幅は丁度よく厚めのニットを着ても快適。腕を動かしたり前傾姿勢になっても余裕!マウンテニアは肩幅以上に狭めですよね(そのおかげでデザインはシュッとしていますが)。丈は少し長いけど許容範囲内。

こちらは逆に胴回りが大き過ぎる印象。背中部分に余りがあります。ジャスト思考なら諦めムード。ただ、その一方でビッグシルエットを考慮するならこれはこれであり。袖の長さもあり。

特に首回りのボリューム感がMの方がかなり可愛い。Sだと肩が突っ張ることで首回りも引っ張られ、襟のダウンが少しタイトになり貧弱にみえます。SとMでここまでサイズ感に違いがでるとは思いませんでしたね。どうしましょ。

店員さんに「昨年まではSが最初に売れ切れていたんですけど、今年はMから無くなりましたね!ジャストか少し大きめを買う人が増えているのだと思います」とのこと。彼女も店員さんもMでも見た目は全然おかしくない、むしろ今年はボリューム感のあるMがおすすめ!との事だったので、Mに決まりました。確かに女子はもっとビッグカラーのもこもこダウンを肩抜いて着てますしね。

 

詳しいサイズ(実寸)はこちらに記載があります。
【デサント公式通販】DESCENTEの水沢ダウンジャケット“マウンテニア” 

着用感のイメージです

フロントジップ全開

f:id:tugune:20181208161635j:plain

今回は一人で自撮りです。鏡越しに一眼で撮影したのですが、まさかの広角レンズを自宅に置いてきてしまった、、標準レンズなので全身が入りませんでした、、

f:id:tugune:20181208183656j:plain

まずはフロントを全開にしたバージョンです。襟を外側へ折り曲げて、外へ広がるように癖を付けるとかっこよく着こなせます。襟の先端が内側を向くと少しダサくなる気がします。

f:id:tugune:20181208161933j:plain

少し横向きです。

f:id:tugune:20181208184916j:plain

袖の長さはこのぐらい。親指の根元ぐらいまでの長さがあります。ちなみに今日のパンツはチェック柄です。

フロントジップ鎖骨まで

f:id:tugune:20181208161906j:plain

鎖骨辺りまでジップを閉めてみました。カメラ邪魔ですね、、はい。

f:id:tugune:20181208161701j:plain

ポケットに手を入れてみました。寸胴!ウエスト周りは特に大きめなのでタイトさはないですが、マウンテニアはモコモコ感が少ないので大丈夫でしょう。

f:id:tugune:20181211140302j:plain

そのまま横を向いてみました。まっすぐ撮るの難しい、、やっぱり少し胴回りは大きいですね。まあこのまま5キロぐらい中年太りしても余裕って感じですね。

フロントジップ全閉

f:id:tugune:20181208161728j:plain

フロントジップを上まで全部閉めてみました。首元にボリュームがありますね。

f:id:tugune:20181208161741j:plain

横から見た方がボリューム感がわかりやすいですね。

f:id:tugune:20181208162141j:plain

脇のベンチレーションも着用するとこんな感じの開き方をします。

フードを着用してみました

f:id:tugune:20181212162121j:plain

怪しさいっぱいですが、ジップを全部閉めるとかなりの防寒になります。

f:id:tugune:20181208162221j:plain

フードを被って顔を隠すと怪しさやばいです、、顔部分の隙間も実際にはもっと小さくできるので、雪山でも安心。

 

マウンテニアの着こなしイメージ

これは「ほぼ日」仕様の別注マウンテニアですが、このページのTOPスライドに出てくるメンズの外国人が着ているサイズ感がおしゃれだと思います。やっぱりタイトではなく少し大きめ。こんな感じになりたいと思ったのもMを選んだ理由の1つです。まあ僕は無理でしょうけど

着こなし例としてほかのリンクも張っておきますね。

https://c.imgz.jp/525/33900525/33900525B_b_20_500.jpg

http://zozo.jp/shop/journalstandard/goods/32900525/?did=57168209&rid=1095

このZOZOの商品ページの外国人モデルの人が着ているサイズ感もおしゃれですよね。黒は特にいい感じ。ゆったりシルエットが可愛いですね。やっぱり襟を広げて折り曲げるとバランスが良いと思います。

下の男性モデルさんはかなり渋くて格好いい!

 女性のマウンテニアも良いですよね。

https://store.world.co.jp/img/coordinate/WOS/1000001684.jpg

STYLE SNAP | ワールド オンラインストア

実際に着用して自転車に乗ってみた

試着写真は全体が見えないちょっと残念な写真たちでしたが何となくイメージはしてもらえたかなと思います。今日は3度ぐらいの気温の中を自転車で約20分走ってみました。少しサイズが大きめのこともあり、フロントジップを鎖骨辺りまで開けていると思いのほか首元から隙間風が入ってきます(当たり前ですが、、)。そこでジップを全部閉めるとかなり暖かい。首にもフードにもダウンが入っているからですが、それでも袖からも裾からも風が入ってくる気配がないので暖かさが逃げる気配がありません。今日はまだ首のサイズ調整をしていなのですが、それでも十分の暖かさですね。

暑いとき胸のベンチレーションを開けると風が直接流れ込みダウン内を直接冷やしてくれるのですが、これがかなり優秀なんです。最初の体験から数日後、いつも通り自転車に乗っていたときのこと。今日は思ったよりダウン内が暑くくならないなーと思っていたらベンチレーション開けっぱなしのままになっていた!という事件が数回ありました、、ベンチレーションをポケット代わりに使っていたことを忘れるケースが多いです、、徒歩だと大丈夫だと思いますが、自転車やバイクの際はご注意を。

ちなみにこのダウンは防水なので小雨の日でも安心して着用できます。オフィシャルによると耐水性 (20,000mm)、透湿性 (10,000g/㎡/24hr)もあるようなので、通常の活動では十分です。

お客様センター | ブリヂストンスポーツ株式会社

こちらを参考にすると嵐の中、軽い運動ぐらいなら、濡れず、蒸れず、着用することができそうですね。通勤メインの自転車乗りには最適かもしれません。

1月末ぐらいにはもっと寒くなりそうなので、気温ごとの感想を都度追記していきたいと思っています。

MacBookのプライバシーフィルム「UNIQ MacGuard マグネット式プライバシーフィルム」を買ってみた

のぞき見防止!外で仕事するためのプライバシーフィルムです。

昨年、MacBookを購入してから色々なプライバシーフィルムを使ってみました。そのほとんどが貼り付けるタイプで、付けっぱなしの人はいいですが、相手に画面を見せたり、写真の色を確認したりするときに外すのがかなり億劫でした。

その中でも一番使い勝手が良かったのがこの「UNIQ」という会社の「MacGuard マグネット式プライバシーフィルム」です。

ざっくりいうと、マグネット式で取り外しが簡単裏と表を変えるだけで、ノングレアとグレアが入れ替えられる。こんな便利なものがあったなんてという感じです。

UNIQ MacGuard マグネット式プライバシーフィルム

f:id:tugune:20180610021444j:plain

ほぼ一年間使ってみましたが、やっぱりこれが一番良かったです。

電車や新幹線に乗っているとその席の環境によって、窓の映り込みが多かったり、少なかったり。これなら両面仕様になっているのでグレアとマットを好きに入れ替えできます。そしてマグネット式のため、付け外しがかなり簡単!

f:id:tugune:20180610021504j:plain

パッケージを開けると、折れ曲がらないように厚紙と一緒に同封されています。 

f:id:tugune:20180610021537j:plain

ベゼル部:約2mm。フィルム部:約0.5mm

唯一のデメリット!厚みがあるので閉じたときの締まりが悪い、というか完全には閉まらなくなります。MacBookはバッグインバッグに入れているので大きな支障はないですが、ここだけマイナーチェンジして改善してほしいところです。ただ、革のような質感になっているので多少の高級感はあります。

実際に装着してみました。こんな感じ。

f:id:tugune:20180610021742j:plain

視野角は60度(左右30度)ほど。上下は比較的そのまま見えます。MacBookを持ち出さないときは、明るさを最大にして正面から見ていると、フィルターを付けていないかのような自然な色合いをしています。

f:id:tugune:20180610021652j:plain

少しずれると急激に暗くになります。 今付けている表面はノングレアです。ノングレアは反射が少ない分、グレアよりも画面が少しだけ見えやすくなる気がします。

f:id:tugune:20180610021714j:plain

グレアに付け替えてみました。ちなみに、マグネットは上部の革っぽいところだけなので、下部は浮くかたちになります。ただ、使っている最中のモニターは上方向を向いているはずなので、特に不便はありません。 

実際に外で使ってみました

f:id:tugune:20180610022233j:plain

電車に乗るタイミングがあったのでテーブルに置いてみました。こういうときMacBookの12インチは快適です。横にドリンクやお菓子もおけるほどコンパクト。

これはプライバシーフィルターを使っていない状態です。丸見えですね。

f:id:tugune:20180610022258j:plain

グレアでプライバシーフィルターをかけてみました。画面を明るくすると薄らタスクバーあたりが見えますが、ほぼ何も認識できずほぼ真っ暗。 

 

f:id:tugune:20181203194416j:plain

窓際の席に移動させてみました。外の光がかなり反射していますが、フォルダの形や壁紙までしっかり見えています。 

f:id:tugune:20181203194438j:plain

グレアの状態のプライバシーフィルターを付けると反射の影響もあり、まったく画面が分かりませんね。

使ってみた感想

正直、今のところ最強ですね。プライバシーフィルターは価格も高いので、失敗するとかなり痛いですよね。これなら迷うことなくおすすめできます。閉じたときの締まりは悪いですが、、。ということで、これからはこれ一本で使っていこうと思います。

 

メーカーのHPにもっと詳しい内容や取り扱っているインチなども記載されています。

「簡単着脱」ピタッと貼付くのぞき見防止フィルム|PRODUCTS 製品紹介|マグネット式プライバシーフィルム

 12インチのほかに13インチや15インチもありますね。参考までに12インチのリンクを残しておきますね。 

停電時の防災にも使える ジェントスの LED ランタン「EX-136S」を買ってみた

防災時に使えるLED ランタンを求めて

少し前に「良いものだけを集めた防災グッズ」についての記事を書きました。その際に取り上げた製品の詳細レビューになります。

防災グッズの中でも比較的使用頻度が高いと思われるLEDランタンなので、かなり慎重に、多くの人の意見や口コミ、レビューやブログを参考にして決めました。最終的には実際に店頭までいき、実物も確認して購入にいたりました。

小型で明るい、単三電池で動く、省エネ、低価格、そして信頼性が高い。これらをクリアするのは中々難しく、結局定番のジェントスがやっぱり安心ということになりました。

以前の記事でも紹介しているのですが、このブランドの中での選択肢は下記の3つ。この中から選択していれば、まず大丈夫でしょう。 

 4mの落下にも、2mの水没にも耐える、3色LEDの2017年新型「EX-234S」
 心落ち着く優しい暖色に特化した人気機種(2m落下、1m水没)「EX-136S」
使い方は自由自在、バランスの取れた3色LEDの人気機種「SOL-036C」

考えて考えて、購入したのは「EX-136S」

今回、色々な状況を想定して出した答えは「癒やし」です。

もちろん、白色の電球色がほしい、もっと省エネに、など欲望は色々ありましたが、被災時の状況を考慮して一番ほしいのは「癒やし」でした。電気復旧まで約1週間、毎晩使うであろうランタン。効率や使い勝手も大事ですが、生活を彩る明かりの雰囲気が一番大事だろうと。

白色や省エネに関しては、別で懐中電灯を使ったり、備蓄電池の量を増やせば解決できますが、明かりの雰囲気については代替えができないってことに気づきました。

f:id:tugune:20181127145408j:plain

品切れ続出のアマゾンで注文して約1ヶ月。無事届きました。f:id:tugune:20181127145356j:plain

乾電池が付属しているのは親切ですね。それもパナソニック製です。

f:id:tugune:20181127145418j:plain

サイズを500mlのペットボトルで比較してみました。こうして見ると結構小さいです。普段は収納することになるので、コンパクトなのは嬉しいですね。

f:id:tugune:20181127145817j:plain

使用光源:高輝度チップタイプ暖色LED×10個
明るさ(約):370ルーメン(Highモード)
使用電池:単3形アルカリ電池×6本
点灯時間(約):9時間(Highモード)/ 18時間(Midモード)/ 142時間(Ecoモード)/ 60時間(キャンドルモード)
保護等級:耐塵・1m防水仕様(IP67準拠)
落下耐久:2m
本体サイズ(約):φ78.0×141.5mm
本体質量(約):355g(電池含む)
f:id:tugune:20181127145754j:plain

裏返すと、カラビナが付いています。テントや突起に引っかけて逆さまに吊すことができるので便利ですね。

f:id:tugune:20181127145805j:plain

取っても付いているので、正常位のまま吊すこともできます。この取ってには滑り止めになるゴムの表面加工がされているので、このまま先端を引っかけることも可能です。

f:id:tugune:20181127145843j:plain

単3形アルカリ電池×6本が必要になります。

f:id:tugune:20181127145905j:plain

口コミで書いてあった3本でも試してみました。若干暗くなったような気がします。電池持ちは悪いと思いますが、非常時はこの使い方も覚えておくと安心ですね。

f:id:tugune:20181127145430j:plain

とりあえず点灯してみました!おーー明るい!

f:id:tugune:20181127145520j:plain

あーこれいいですね。まだ何もしていないですが気に入りました。キャンドルモードはどうなんでしょうね。あってもなくてもって感じです。

外も暗くなってきたので、明るさを変えてみます(実験1)

消灯時

f:id:tugune:20181127145607j:plain

完全な夜でもないので、うっすら「EX-136S」が見えています。肉眼の認識似合わせてカメラのシャッター速度やISO感度を固定しています。

【Highモード 9時間】

f:id:tugune:20181127145532j:plain

ボタンをポチッと押しました。今は100%点灯しているHighモードです。

実際にはもっと滑らかで、自然な光の広がり方をしています。370ルーメンですが思ったより明るくて、食卓を囲むぐらいの用途なら十分だと思います。広さにして10畳ほどの広さをすべて1つで隅々まで明るく照らすのは厳しいですが、間接照明が好きな人なら十分かと思います。我が家も夜は25W×2のスポットライトで間接照明を作っていますが、それと同等の明るさに感じます。上から吊るせば2mぐらい離れていても読書できるぐらいの明るさはあると思います。

【Midモード 18時間】

f:id:tugune:20181127145544j:plain

先ほどより少し暗くなりました。点灯時間は2倍の18時間になりましたが、明るさは半分って感じではないですね。3割減ぐらいのイメージです。ちなみに動画撮影だとチラつきがこのモードから出てきました。

【Ecoモード 142時間】

f:id:tugune:20181127145556j:plain

エコモードというだけあって、先ほどの2つよりかなり暗いです。豆電球ぐらいでしょうかね。真っ暗で寝るのが怖いときに付けっぱなしにしておくモードって感じです。

ただ、豆電球が手元にあるイメージなので1人なら十分な明るさで、手元に置いてご飯を食べることもできると思います。2名以上の食卓だとちょっと暗いかもですね。

写真だとすごく暗そうですが、この明るさでも5mちょっと離れたドアの輪郭も見えるので、部屋の隅が闇になることはなかったです。

一覧です

f:id:tugune:20181127161933j:plain

分かりにくそうなので並べてみました。時計回りです。

ん、、もしかするとランタンを壁にぴったり付けていたので、思ったより光が広がらなかったのかもしれませんね。

配置を変えて、また明るさを変えてみます(実験2)

f:id:tugune:20181127162606j:plain

先ほどと同じ場所ですが、ランタンを右端に置き、150cmの場所に花を置いてみました。HighモードとMidモードでは花は認識できますが、Ecoモードだと暗闇ですね。これもそうですが、床が黒で壁にぴったりしているので光の広がりが弱いですね。

場所を変えて、また明るさを変えてみます(実験3)

f:id:tugune:20181127163257j:plain

設置場所の悪さに反省して、白壁に囲まれた場所に逆さまに吊るしてみました。

壁に囲まれた角だと光が反射して実際のイメージに近い写真が撮れました!こんな感じの明るさです。思ったより明るそうでしょ?

数日使ってみた感想

試しに使ってみましたが、いい!快適です。被災時はそんなのんきなこと言ってられないと思いますが、これがあると思うだけで心強いですね。

想定通り、ライトの陰も出ないですし、LEDの光線のような強い光も感じません。家に持って帰り、10畳少しの部屋でも使ってみましたが、正直十分です。部屋だと壁も天井も白いので適度に反射して十分明るいですね。床に置くよりも天井付近から逆にして吊るすとかなり明るいのでおすすめです。

トイレの電球が60W相当のLEDを使っていたはずなので、それより少し暗い程度ということは、40〜50Wぐらいの明るさがあるのかなと想像しています。

 

まあキャンプ場でよく使われるガスランタンなどと比べると、まだまだ再現性は低いLEDの暖色ですが、それでもLEDの中ではひときわ優しさや癒やしを感じる仕上がりになっていると思います。

また、理解して購入すればデメリットの少ないランタンですが、あえて言うなら単三型乾電池6本の多さですね。できれば効率よく4本でこのぐらいの明るさと時間が保てていたら完璧でした。

あ、あと、、これ1つですべてこなせる道具ではないので、夜道を歩く用の懐中電灯やヘッドライトは別途用意しておいた方がよいです。これはあくまでランタンで数メートル先を照らすことは難しいので。

いまは供給不足のため高値になっていたり、到着に時間がかかっていますが時期落ち着くと思うので、迷っている方はぜひ検討してみてほしいと思います。ソロキャンプでも行ってみよっかな。

 

ボルネード サーキュレーター DCモーター「6303DC-JP」を買ってみた

この冬に向けてサーキュレーターを買い換えました。

今使っているのは、リビングでエアコンに向けて放っている無印の大きいサーキュレーターと、仕事部屋で使っているプラスマイナスゼロの小さいサーキュレータの2つ。

サーキュレーターは基本機能が大事

この小さいサーキュレータが実はくせ者で、サーキュレーターというより扇風機に近い製品だったのです。私にはうまく使いこなすができず、メンテナンスしてメルカリに出すのもめんどくさく、実家送りにしました。

数年前、初めて買ったサーキュレーターということもあり、首も真上を向けず、まさかの自動オフ機能付き、小さいので音もうるさめ。この製品が悪いわけではないですが、用途に合わせたスペックを考慮しないで買った私のせいです。。

その次に買ったのが無印のサーキュレーターです。

 無印良品 サーキュレーター AT‐CF26R‐W

 これがなかなか優秀で、特別な機能はないものの音も静かで見た目もシンプル、角度調整の幅も広い、お気に入りですね。こいつは1年中つけっぱなしにしてあります。

あえてデメリットをあげるとメンテナンスしにくい。掃除がしにくいことぐらいです。調子が悪いときは、軸がずれてビビり音がしていますが、保証が切れた後もう5年目ずっと動き続けているので、少々のことは許してあげています。

そして初号機の買い換えとして選んだのがこのボルネード。

ボルネード DCモーターのサーキュレーター 

サーキュレーターといえばこのブランドというぐらい有名どころです。通常はACモーダータイプがメジャーですが、今回はDCモーダーを購入してみました。

DCモーターに期待したこと

静音と省エネ、風量の微調整です。その機能を満たしていたのが、この6303DC-JPという機種です。羽の直径は25cmほどの中型で、DCモーターの中では人気があるのかAmazon販売でひときわお得な価格でした。

静音性に関してはACとDCで比較できませんが、メーカーの製品ページにDCのみデシベル表示があるのでDCは表示できるほど静かなのだと期待しています。

モーターの保証が10年!

サーキュレーターとしてはかなり高い部類ですが、保証期間が通常で5年(製品登録後、モーター部のみ10年に延長。正規輸入品に限る)と保証がかなり長い。

ACタイプだと小さいモデルで1年。下記のように、この製品と同様の大きめサイズでも最大3年なんです。

どんな部屋にも使える汎用性

【6~35畳用】と汎用性が高いもの理由の一つ。ACモーダーだと上記の機種でも「ターボ・強・中・弱」の4段階。これがこの機種だと99段階!

「中」でも少しうるさいな、でも「小」だと空気が動いてないし、、みたいなことがありません。風量や音を99段階、気分や環境に合わせて微調整できます。

比較的、羽も大きいので小さい羽と比べると低音の風斬り音がでています。細かく調整できるので、外がうるさいときに風量を強くしてホワイトノイズ発生器代わりにも使えるかもですね。

届いたばかりの「6303DC-JP」をレビュー

f:id:tugune:20181126160646j:plain

このケースを覆うでかい段ボールに入ってやってきました。 

f:id:tugune:20181126160656j:plain

思ったより大きくないですね。無印の大型サーキュレーターを少しコンパクトにしようなイメージ。ほかのボルネードと比べても可愛らしいデザインだと思います。

f:id:tugune:20181126160707j:plain

背面はこんな感じ。まっすぐ直進する風を作り出すシルバーのわっか?がアクセントになっています。

f:id:tugune:20181126160719j:plain

サイズ感がわかりにくいと思うので、500mmのペットボトルを置いてみました。

f:id:tugune:20181126160730j:plain

そう、これリモコン付きなんです。オンオフ、タイマー、風量の調整ができます。仕事部屋で使うのでデスクに座ったまま風量調整ができるのは便利ですね。

f:id:tugune:20181126160742j:plain

裏側の足には振動を抑えるクッションが付いていました。

f:id:tugune:20181126160759j:plain

実際に電源をオンにしたときの写真です。99段階の数字が表示されます。パネルの「-」や「+」を直接押しても風量の調整ができます。

f:id:tugune:20181126160810j:plain

真上も大丈夫です。冬の暖房を使う季節は真上が必要ですね。天井にたまった暖気を床に落として部屋中を均一化します。

ちょっとだけ実験

f:id:tugune:20181126160822j:plain

ちょっとだけ実験をしてみました。2mに切ったビニール紐の先端をサーキュレーターの先に付けて、電源をオン!おーーー!

横から撮影してもよくわからなかったので椅子にのって上から撮影してみました。

f:id:tugune:20181126161334j:plain

おおーーー!これすごくないですか?きれいに円を描いている瞬間が撮れました!

WEBページなどの解説や図では、何となく渦を巻きながら直進するということは理解していましたが、ちゃんと渦を巻いてるんですねー。ちょっと感動です。

本当は部屋の気流が見える装置や煙?を使って部屋の空気の動きが見える写真を撮りたかったのですが、高価な装置を購入したりと大がかりになるようなので、一旦断念しました。。

iPhoneアプリの騒音計で計測

(このアプリが信用できるかどうかは不明)

f:id:tugune:20181126175823p:plain

「99」で66デシベル
「80」で63デシベル
「60」で60デシベル
「40」で57デシベル
「20」で50デシベル

オフで「46」デシベルでした。
公式では57 ~ 30デシベル未満となっています。

VORNADO - 6303DC-JP
計っている機械も距離も違うので、イメージ程度で見てもらえればと思います。ちなみに風きり音は、約2mmほど離れた近い距離で「20」ぐらいだとエアコンの通常運転ぐらいでしょうか。「25」ぐらいから気になり出します。「30」だとBGMを少し大きくしようかぐらいです。当たり前ですが、もっと距離を離せば当然もっと音は小さくなると思います。

1ヶ月使ってみた感想

私の使い方

ボルネードのHPを参考にして、部屋が少し温まってきたかな?ぐらいで、風量を「99」にして部屋全体に空気の流れを作ります。3分ほどしたら「50」ぐらいに落として、部屋の温度が均一化してきたかな?ぐらいで静かめの「25」ぐらいまで落として、仕事開始。仕事が終わるまでつけっぱなしにしています。

部屋には観葉植物がいるので、無人のときでも微風の空気の流れは作っておきたいと思い、仕事が終わっても「25」ぐらいで付けっぱなしにしています。DCモーターは電気代も少し安いのでこういうとき安心ですね。

感想

やはり風量を細かく刻めるのは便利ですね。いまのところ不満はないです。普通に買って良かった。空気もちゃんと循環してくれています。

部屋でご飯を食べた後、窓とドアを開けて、サーキュレーターを強く回して換気したりするのですが、空気がよく動いているなと関心することがあります。公式の説明だと「99」は26m先まで届くらしいので凄いですよね。

あと、DCモーターだと風量が不安定になるという口コミも見ましたが、そんな気になるようなこともないです。ごくごくたまに「ん?」ということもありますが、気のせいかな?ぐらいですね。あまりに不安定なときは問い合わせた方がいいと思います。ブログなどの記事を見る限り、メーカーの対応も比較的親切なようなので。

もっと大風量でもっと静かなサーキュレーターがあれば言うことないのですが、羽のサイズや価格とも比例して大きく高くなるでしょうから、このぐらいが妥協ラインのような気もします。この製品を検討する人は、バルミューダのグリーンファン辺りも候補に入っていると思うのですが、どうなんでしょうね。気になりますが、15mまで風量が届くと書いてあるので、気流自体は今回買った製品の方が強そうですね。

 

保証期間は通常5年で、オフィシャルHPに製品登録をすると10年に伸びます。

VORNADO公式オンラインショップ - ログイン

ボルネードを初購入の人はここから新規登録が必要になるので必ずしておきましょう。メーカー保証があるので大丈夫だと思いますが、価格も高いので念には念を入れたい人は、家電屋さんの5年延長保証を付けてW保証にしててもいいかもですね。

 

30代のメンズ(おっさん)も挑戦できる、2018-2019秋冬トレンドコーデ!ブラウンとチェックを買ってみた

トレンドはあまり追っかけないスタンスだったのですが、

ここ数年、服はサイズ感重視でシンプルなド定番をチョイスすることで、流行は追いかけないぞ!というスタンスでいました。

しかし、ちょっとした出来事をきっかけに、今年は少しだけ追っかけてみることに。

もう冬直前というか冬になっていますが、今年の秋冬のトレンドに合わせて購入した9月から11月までに購入した服をちょっとだけ紹介したいと思います。

服のスタイルはきれいめ、シンプル、トレンドカジュアルとか言われる辺りのジャンルだと思います。

個人的なテーマは30代からの「大人シンプル」です。30代は結構いい歳なんでチャラさがでるのは避けたい、かといって流行を追いすぎるのもしんどい。でも、少しぐらいおしゃれしてみたい。買った服を10年着ようとは思っていませんが、ある程度は長く着たい。そんなところからの折衷案でできた個人的テーマです。

ZOZOタウンで取り扱っている系の服が多いですかね。アローズ系、シップス、ナノユニとかそのへんです。EXILEの人たちが着ているかっこいい系と真逆です。

2018秋冬トレンドカラーから1つ選ぶなら「ブラウン」がおすすめ。

ブラウンと言っても色々なカラーがありますが、ショップを見ていると発色の良いカラーが多いように思います。レディースは派手な濃いめのカラーがよく目立ちますが、メンズは少し落ち着いた雰囲気が多いかもですね。

男性の冬服はとにかく黒系かネイビー系を選んでいる人が多いと思います。
今年のブラウン系は黒やネイビーとの相性もいいので、追加で購入するだけで今っぽくなるのでおすすめです。

「ブラウン × チェック× 黒」が簡単でそれっぽく見える

f:id:tugune:20181122141841j:plain

例えば、こんな感じでブラウンのスウェットとチェックのパンツ、黒のスニーカー。ベーシックなアイテムの組み合わせなので、多くのひとが似合うと思います。

チェックのパンツは小さめのチェックが今年っぽいですね。パンツにもブラウンカラーのラインが入っています。

カラー以外だと、今年もまだビッグシルエットが継続してるようで、そろそろ終わるのかな?とも思ったのですが世界的にトレンドは継続しているので、日本もそれに合わせてるでしょうかね。ジャケパンのシルエットも若干ゆるくなっているので、もうしばらくはこのまま続きそうですね。

このビッグシルエットは、単にワンサイズ大きめを買えばいいというものでもなく、肩幅や身幅は広がっているけど、丈は短くなってバランスが取られてたりします。特に30代のビッグシルエットは程度が難しいので、シルエットで今年っぽくしようと思うと無難に試着しながら買い直した方が間違いないと思います。10代や20代のデカデカとしたシルエットはさすがに無理ですからね。

トレンドのブラウンカラーはシャツでもOK

f:id:tugune:20181122143545j:plain

先ほどと同じパンツと靴に、今度はブラウンのシャツをアレンジしてみました。インナーのニットは黒です。スニーカーも同じ黒を持ってきていますが、濃いめのブラウンや黒のローファーなども相性良さそうです。

比べてみると、さきほどの元気な雰囲気がなくなり急に大人っぽくなりましたね。スエード調のシャツが落ち着きすぎない大人感を出しているのかもしれません。

ちなみに、このパンツはルーズでテーパーの入ったワイドパンツです。30代でも許されるぐらいだけど、ワイドだね!とぱっと見て分かるぐらいのゆるさがあります。もう一回りワイド感の少ないのがあるので、BYで選ぶならそちらがおすすめですす。

あと、私は基本アクセサリーは付けない派です。ネックレスやブレスレット的なものはチャラさが出てくるので、ちょっと物足りないなというときはメガネなど当たり障りのないものを追加しています。

トレンドのチェックシャツは黒と合わせて大人っぽく 

f:id:tugune:20181122143524j:plain

ガラッと雰囲気を変えて、チェックのシャツと黒のパンツの組み合わせです。これもシンプルながら今年のトレンドを少しだけ取り入れたコーディネートです。カジュアルになりがちのチェックシャツですが、黒パンツと合わせることでグッと引き締まってみえます。今年のチェックはこのシャツのような小さいチェックにカラーのラインが入ったタイプが多いですね。特にレディースが多いです。

シャツのボタンは閉じてしまってますが、実際に着るときは前開きが良いと思います。柄が少なめの白シャツあたりをインナーに入れておくと安心ですね。

ブラックのダウンジャケットとの相性も抜群

f:id:tugune:20181122144129j:plain

 先ほどのブラウンのスウェットとチェックパンツをダウンジャケットと合わせてみました。やっぱりブラウンは黒との相性抜群です。今まで持っている黒ダウンを買い換えることなくトレンドを取り入れることができます。 

ダウンジャケットなどもブラウン系が別注でよく出ています。が、さすがに難易度が高いので買い直すならブラックか濃いめのネイビー辺りが無難だと思いますね。

実はこのダウン、今年買ったばかりなので今から真冬が楽しみです。もう少し寒くなってきたら、試着感や暖かさのレビューも書きたいと思います。

ほかにもおすすめのコーディネートは色々ありますが、とても簡単に色選びだけで今年っぽくしてみました。普段、あまり服は買わないなーという人も買う際はトレンドカラーを優先して買ってみるのもありかもしれません。という仲のよい店員さんから聞いた受け売りのお話でした。

廃盤になったBose SoundLink Mini II を今更、買ってみた

建前。PCスピーカー兼、野外スピーカーが欲しくて買いました

デスクから離れたところにBOSEの大きめスピーカーとAmazonエコーがいて、どちらかが常にBGMを流しているのですが、手元でちょっと聞きたいとき用のスピーカーがないことに気づき色々探していました。

じつはこのBose SoundLink Mini Bluetooth speaker II は廃盤が決定している商品で、今からの購入だとBOSEオンラインストアだけでの取り扱いになります。しかも、在庫限りなのでなくなり次第終了です。

いまは後継機?のBose SoundLink Revolve Bluetooth speaker という音の指向性が360度のタイプが出ています。これも実はちょっと興味があったりします。

この廃盤が決定しているサウンドリンクミニ2ですが、音マニア、スピーカーマニアの人からは酷評されているけど、いろいろな口コミでの評価はトップレベルという面白いスピーカーでちょっとだけ興味がありました。廃盤になると聞いてこの際、記念に買ってみよう!と。

 

もうレビューやら動画やらWEB上にあふれかえっているので、かなり簡単に購入報告レベルで書きたいと思っています。

このスピーカーのデザイン、見た目はこの動画がわかりやすいです。

新旧のスピーカーの違いについては、こっちの方が変わりやすいですね。

Bose SoundLink Mini Bluetooth speaker II

オンラインストアで購入すると2.3日中には手元に届きました。

f:id:tugune:20180919201543j:plain

コンパクトなケースに入ってやってきましたね。このスピーカーは廃番のため店頭での音の確認はできません。もうショップに置いてないんですよね。でもオンラインストアで購入すると30日間は返品無料なので、どうしてもという人は購入してみて最悪返品もやむを得ないかもです。

f:id:tugune:20180919201601j:plain

早速開けているのですが、無駄に凝っているケース、、ある意味機能的というか、無駄というか。まあ嫌いじゃないです。

f:id:tugune:20180919201605j:plain

このクラシックな雰囲気かっこいいですね。スピーカーとしてはかなり小さく500mmのペットボトルより小さいです。一応、これでもスピーカーユニットが二つ見えているので、ちゃんとステレオしてるんですよね。機能しているかどうかは別として。

背面見ると分かるのですが、いわゆるパッシブラジエーターで低音だしてるタイプです。個人的にパッシブラジエーターは低音がシャキシャキしているので好きです。

かっこいい。

音は確かに低音がかなり強め。BOSEはほかにも持っているのですが、その中でも特に低音が強い。高音はカットされていると言わないまでも、あまり伸びていない感じ。高音がでるタイプのスピーカーが好きな人だと物足りないというのも分かります。

ただ、普通にPCスピーカーとしてなら全く問題ないです。比較すると良いところ悪いところがハッキリしてきますが、これだけ聞いていれば大丈夫。

たまに、声が格好いい男性の声は、重低音すぎて鮮明さが減ったりしますが、まあご愛敬な程度。ラジオやYouTubeなどの人の声も比較的聞きやすいので、コスパの観点をおいておけば満足度は高いように思います。

f:id:tugune:20180919201616j:plain

このスピーカーはきっと野外で聞く用に作られてるのではと思っています。

屋外で音楽をならしてみたのですが、重低音の強さがとてもちょうどよく心地よかったです。野外だと低音を反響させる壁や床がないので低音は抜けがちになりますよね。その状態になったときに、この強めの低音のバランスがいい感じになりました。キャンプ場など他人の迷惑にならない場所で大音量で鳴らしてみたいですね。

f:id:tugune:20180919201642j:plain

こんな感じでモニターの下に置いて使っています。ブルートゥースでもいいんですけど、試しにAUXケーブルさして使ってみています。ケーブルを挿すとちょっとPCノイズが乗りやすいかもです。
この置き方だと低音が後ろに抜けたままになるので、低音過剰になりにくくバランスが比較的丁度いいんです。

 

音の指向性は、正面45度もない感じで30度ぐらい?25度ぐらい?のスペースに耳が入っていれば高音も比較的聞こえてきます。これより離れると途端に高音域が聞こえなくなるので、座る位置等がずれていると低音ボンボンしか耳に残らないんでしょう。

あとは口コミでも多い感想ですが、音圧が凄いです。小さいだけに音の広がりが少ないんだと思います。正面に置いているとガツっとまるごと音が向かって来ます。結局のところ好みですが、のんびり聞きたい人や音の粒1つ1つに耳を傾けて聞きたい人には向いていない気がします。やっぱりBluetoothのモバイルスピーカーなので、野外向けの味付けなんでしょうね。

ここまで書いておいてアレですが、結局、ありふれた感想で申し訳ない、

 

数ヶ月使ってみましたが、私はPCスピーカー兼、持ち出し用としての使用なのでいまのところ満足しています。この年末の時期にはもう少しで年末セール、年始のセールも控えているので、気になっていた人はこのタイミングで最後の購入してみるのもいいかもしれません。

ちなみに今日、ボーズのオンラインストア見てみたらまだ在庫ありそうでしたよ。

https://www.bose.co.jp/ja_jp/products/speakers/portable_speakers/soundlink_mini_ii.html#v=soundlink_mini_ii_carbon_jp

 

Amazon等でもほぼ新品がなくなってきてますね。

ソニーの一眼カメラ【αスタートアップキャンペーン(過去一覧付き)】に応募してみた

どうやらキャッシュバックは定期的に行っているらしい

今回はソニーのα7Siiとレンズを購入したので、キャッシュバックキャンペーンに応募しようと思います。

ちなみに、ソニーでは発売から1年ちょっと過ぎたぐらいからキャッシュバックキャンペーンの対象になる商品が多いようです。

初めてこのキャンペーンを知ったときは、あ、今買わないとヤバい!と思ったりもしましたが中長期的に機種を検討していたところ、どうやら年に数回定期的に行われているようです。

α7系だけネットで過去のキャンペーンを一覧にしてみました。

※抜けがあるかもですが。

2015年11月20日(金)~2016年1月17日(日)
2016年2月19日(金)~2016年5月8日(日)
2016年10月7日(金)~2017年1月15日(日)
2017年2月3日(金)~2017年5月7日(日)
2017年5月19日(金)~2017年7月31日(月)
2017年8月25日(金)~2017年10月15日(日)
2017年11月3日(金)~2018年1月12日(金)
2018年2月2日(金)~2018年4月1日(日)
2018年4月13日(金)~2018年6月17日(日)
2018年6月29日(金)~2018年9月2日(日)
2018年8月31日(金)~2018年11月11日(日)
2018年11月22日(木)~2019年1月14日(月)

f:id:tugune:20170916171707j:plain

いつ開催されているか調べてみましたが、これ見る限りずっとキャンペーンしてますね、、合間の1カ月間で購入したひとが可愛そうになるほどです。。

 

すぐ購入したい!という人以外は気長にタイミングをみるのもありですね。

最新は2018年11月22日(木)~2019年1月14日(月)です。

カメラ本体のラインナップは前回と同じですね。今回はフラッシュのキャッシュバッグまであるんですね。珍しい。

↑最新です。

↓下記が1つ前のキャンペーンです。お間違いなきよう。

 
↓ここから私が応募した過去の記事です。

私が実施した期間は、2017年8月25日(金)~2017年10月15日(日)の分で、現在は上記の期間でキャンペーンが始まっています。

ちなみに、私が購入したα7Siiは3万円キャッシュバックの対象に。
また、55mmのレンズは1万円キャッシュバックです。
だんだん条件が厳しくなってきている気がします。

応募方法は意外とめんどくさい

まずは、必要なものを集めるのですがサイトで必ずチェックしてください。
漏れがあるとキャッシュバックされませんので。

①IDを取得してネットで事前登録

f:id:tugune:20170918164450p:plain

まずは、ソニーのIDを取得から始めます。
製品登録から始まり、住所氏名まで終わると②に移ります。

②キャッシュバック先の口座をネットで登録

このあたりも画面に従って入力するだけです。
間違いなきよう。

③購入した製品の製品登録

ID取得時に1つ目の製品登録は終わっていると思いますので、レンズ等を購入したひとは登録も追加します。

④キャッシュバックキャンペーンの番号取得

上記入力が完了すると途中でキャンペーン専用の10桁の番号が発行されるので控えておきます。

この番号を専用の応募用紙に記載します。

f:id:tugune:20170916165051j:plain

⑤保証書のコピー ⑥レシートor領収書のコピー

家にスキャナやコピー機があれば便利ですが、無い場合はコンビニが楽ですかね。

⑦箱からバーコード切り取り

f:id:tugune:20170918171828j:plain

ちなみに、箱の下に敷いているデスクマットはかなりおすすめです。
直接ハンコ押したり、文章を買いたりと弾力性もサイズもちょうどいいんですよね。

あ、カッターがない、、、、

慌ててこれ買いに行きました、、最近のカッターは位置固定のオートロック式が多いですが、自由な位置に留められるネジ式が好きです。

f:id:tugune:20170916165622j:plain

せっかくの箱が悲しい状態に、、
不正禁止なのは分かりますが他にもっといい方法はないですかね、、

⑧専用応募シートを印刷して貼る

f:id:tugune:20170916164418j:plain

よつ折りにした紙に貼るのですが、小さすぎて保証書がはみ出しまくりです。
A4の紙のままでは貼り付けられないので、ハサミで余分な部分を切りました。

ハサミはスコッチかプラスがお気に入りです。

⑨紙にのり付けして封筒を作る

f:id:tugune:20170916164926j:plain

これの端をのりでペターとくっつけていきます。

のりはこのテープのりが便利です。

f:id:tugune:20170916164653j:plain

はい!できました。1つにつき1応募なのでボディとレンズがあるひとは複数枚これを作製します。めんどくさい、、

f:id:tugune:20170916164758j:plain

⑩送る

 今日は近くの郵便局がお休みでした、、もう、、
翌日、家の近くの郵便局に出してきました。
口コミなどによると1カ月程度で振り込みがあるようなので気長に待ちましょう。

 約1カ月ほどで振り込みがありました!

追記:2017年9月20日頃に投函して、10月25日に振込がありました。
私は本体とレンズ2本分なので5万円帰ってきました!