少し小さくなった 2018 iPad Pro(12.9インチ)を色々なモノと比べてみた

2018 iPad Proを周囲の色々なものと比べてみた

前回、iPad Air 2と新型iPad Pro(12.9インチ)を比べてみたので、今回は身の回りにあるものと比べてみたいと思います。バッグとのサイズ感も確かめたいので後半ではビジネスバッグやバッグインバッグなどに実際に入れてみたいと思います。

MacBook(12インチ)と比較してみた

f:id:tugune:20181221154937j:plain

近くにあったMacBook12インチと並べてみました。12.9インチの方がデカい。0.9インチ大きいので想定はしていましたが、こうしてみると中々、、

f:id:tugune:20181221154533j:plain

横幅がはみ出てますね。縦はほぼ同じでした。仕事では、これからこの2つを持ち歩いていく予定です。重量は約1.5kg。バッグはどうしようかね、、

手元にあったエレコムのインナーケースに入れてみた

f:id:tugune:20181221154509j:plain

エレコムの安いケースでは横幅が広すぎて入りきらなかったです。9インチ用なので当たり前ですね。12.9用には下記のサイズが良さそうです。

ちなみにこのインナーバッグは安いのに衝撃吸収能力がとても優秀です。私も実は2種類もっています。

サンワダイレクトのインナーバッグに入れてみた

f:id:tugune:20181221154522j:plain

サンワのこちらは13インチモデルなので、余裕。見た目に一目惚れして購入したインナーバッグ。メインのポケットが横から入れる仕様のため、横向きにして上から入れたい私には、用途に合わずお蔵入り、、

リュックなど縦向きで入れるひとにはおすすめです。

人気のリトルラブのインナーバッグに入れてみた

f:id:tugune:20181221155040j:plain

最近ずっと使っているバッグインバッグです。すっかりくたびれた風貌、、質感は若干安っぽいですが価格も実際安いんです。収納スペースなど色々使い勝手のいいバッグなのでビジネスバッグを使っているひとには今の所一番おすすめです。

f:id:tugune:20181221155014j:plain

サイズ的にはちょうど良さそうですね。よかったよかった。

f:id:tugune:20181221155025j:plain

高さもいい感じ。このリトルラブのインナーバッグは800円ぐらいなので、定期的に買い換えるのもありですね。

ブリーフィングのトリニティライナーに添えてみた

f:id:tugune:20181221155053j:plain

ブリーフィングのトリニティライナーにも余裕で入ります。最大15インチまでいける仕様なので余裕です。

GRID-ITのiPad Airケースに入れてみた

f:id:tugune:20181221155132j:plain

昔使っていたケースが出てきました。これはこれで便利でした。

f:id:tugune:20181221155104j:plain

ギリギリアウト、かなりキツく閉めればギリギリセーフ。大きめに作られてるとはいえ、10インチ用にここまで入ると思ってもみませんでした。

このタイプはCocoonやサンワダイレクトから色々なサイズが出ているので、ベストなものをチョイスしたら良いと思います。

A4のコピー用紙を比較してみました。

f:id:tugune:20181221154948j:plain

横は大きめ、縦は小さめ。どうせならA4に併せてくれたら良かったのにね。

f:id:tugune:20181221155000j:plain

A4のクリアファイルと比べてみました。普通に入りそうな雰囲気。

ということでiPad Air 2をベースに色々なものと比べてみました。

サイズ的にはほぼA4を少し太らせた感じですが、利便性は高そう。以前の機種と比べると一回り小さくなったことでA4ケースなど収納の汎用性は向上したように思います。

バッグを購入するときは

PC用なら13インチサイズ、書類系ならA4サイズの表記が基準になりそうです。内径のスペックをみるときは、本体の短い方の長さを特に気にしてサイズ選びした方が良さそうですね。蓋が閉まらないとか、はみ出るケースが発生しそうです。

アップルストアや家電屋で実物を見れないひとはA4ノートやコピー用紙を参考にサイズを実感してみてもらえればと思います。一番は無条件で返品できるアップルストアで購入するのが安心ですけどね。