TUGU VIEW

妻に呆れられるほど細かい思考の末、最善の選択で購入させて頂いた「モノ・サービス」をレビューしています

全自動で体重管理できる Withings スマート体重計 Body +を1年間使ってみた

フランス生まれのメーカーWithingsのスマート体重計「Body +」(WBS05-BLACK-ALL-JP_を購入したのでレビューしています。私が購入した当時は「Nokia」というメーカーでしたが同じ製品になります。

脳卒中心筋梗塞、高血圧などの予防に!

この体重計を購入したのは、ちょうど1年前。その頃、もういい歳だし、そろそろちゃんと保険も見直せねば!と「がん・脳卒中心筋梗塞」の三大疾病に対応できる保険の適正な加入を検討していました。

この三大疾病の予防方法についても、同時に多くの記事や文献を漁って調べました。そして、たどり着いたのは体重と血圧の管理。この2つを適正に保つだけで、がん以外のリスクを激減できそうだということを発見。そこで、やがて来る厄年に向けて今から健康管理を徹底していこうと考え、体重計と血圧計を購入したのです。

手間いらず、ルーチンできる自動記録の体重計

体重の管理で一番やっかいなのが、体重の記録。ノート管理やアプリの手入力は絶対忘れしめんどくさくなる。自動で記録してくれるものはないか、、

Wi-FiBluetooth対応の体重計はいろいろあるのですが、どれもアプリを立ち上げてデータ移行、都度リンク設定、、など煩わしいものばかり。

さらに探しまくっていたら、Nokia(元々Withings→買った時はNokia→最近Withingsに戻っている)から発売されていました!Wi-Fiで自動的にクラウドに記録され、体重が気になったときにアプリを立ち上げると、自動同期。初期設定以外で、体重計とスマホを都度接続する必要はありません。これはすごい!と購入したのが経緯です。

開封レビュー

購入当時、撮影した写真があったのでそれを載せていきます。

f:id:tugune:20180610030834j:plain

さすが海外メーカーです。アップル社のようなおしゃれな外観。

f:id:tugune:20180610031004j:plain

体重計のデザインもおしゃれのひとこと。一応、注意としてこの体重計の最小単位は200gです(海外は100gなんですが日本の承認基準が高すぎて日本では200gになりました)。上位機種のBody Cardioだと100g単位になります。

人間、1日の体重の変化は、夜寝て朝起きるだけでも軽く500g〜1kgあるらしいので、私は200gでもいいかなと思って安い方を購入しました。参考までに価格が高い方のリンクも付けておきますね。

Withings/Nokia スマート体重計 Body Cardio

f:id:tugune:20180610030846j:plain

体重はもちろん、天気予報も表示することができます。

f:id:tugune:20180610030857j:plain

初期設定。当時の写真ですが、アプリをダウンロードします。

f:id:tugune:20180610030904j:plain

そして、Wi-Fiに接続。して設定してきます。簡単なので説明は省きますね。

f:id:tugune:20180610030912j:plain

データをアップデートして完成。もうスマホはいらないので、体重計に乗ればWi-Fiを通じてクラウドに自動的に体重を記録し続けてくれます。

ちなみに最大8人まで自動で識別して管理してくれます。

体重計に載ってみた

f:id:tugune:20180610030929j:plain

基本、水平で固い床に置きましょう。最初は脱衣所に置いていたのですが、もっと適切に管理できるようにと、今はクローゼットの中に入れていたりします。

f:id:tugune:20180610030922j:plain

妻の足ですが、サイズ感はこんな感じ。それなりに大きいです。大人の男性でも全く問題ないですね。日本製の体重計と比べると表示の親切感は少ないですが必要十分です。

1年間、使ってみた感想

この製品が来るまでは脱衣所でTANITAやオムロンの体重計で計っていました。表示もほぼ前日比で増えた、減ったぐらいの感覚。

Body +は記録する手間が一切なく、体重計に乗っていれば勝手にグラフにしてくれるのでかなり楽。もっと早く買うべきでしたね。たったこれだけのことですが、精神的にはまったく違いました。全自動ってすばらしい。

そんなことより、なによりも怖いのが、アカウントを妻と共有してしまったこと。最近太りすぎじゃない?的なことを度々言われます。それこそ、この体重計で体重・体脂肪・筋肉量、Apple Watchで心拍数・歩いた距離、Nokiaの血圧計で血圧等を一括管理しているので、、お互い見放題、、笑えない。

そのお陰で1年続いているともいえます、、

f:id:tugune:20190227160037p:plain

アプリで計測値をグラフ化してみた画面です。波が大きいところは出張で計れていない箇所ですね。株みたいな動きしてます。。

妻は2kgぐらいを増減しながら同じ範囲をうろうろ、私はこの画像のように上がりっぱなし、、悲しみです。今年はスピンバイクを使って体重の維持をしようと思います。

体重はいつ計るべきか

考え方次第なので色々だとは思うのですが、私は朝起きてトイレ行った後と、夜の寝る直前の2回。朝と夜計ることで体重の増減だけではなく、生活習慣による体調の変化を知ることができます。

例えば、朝と夜の差が少なければ寝る時間が少なかったのか、身体の代謝が下がっているのか、または寝る直前にご飯を食べたかなど。ダイエットをしていなければ、基本的には毎日同じ増減を繰り返すはずなので、その変化が大きくなってきたら、身体の異常か生活習慣の乱れが出てきているということが分かるはずです。

それに早めに気づき改善するのが、ダイエット以外で体重を計る目的です。私のケースだと朝と夜で平均して600g~800gの差がでます。

寝る直前にラーメンなどの炭水化物をがっつり取ってしまった時は、最悪でしたね。体重の差がまったくなく、身体も浮腫んでいました。。胃もたれまで、、

1日1回だと体重の増減を知るのみで、体重が増えていたら食べ過ぎかな?ぐらいしか判断材料になりません。その時々の体調による体重変化に一喜一憂するしかありません。まあそれでも、急激に体重が減ったときは、癌や胃腸障害、極度のストレス、糖尿病などの危険を察知できるので、ゼロよりは十分ありだと思います。

ただ、せっかく計るなら、習慣として朝と夜は計っておきたいですって感じ。私もまだこのデータを生かし切れていないので、今年は生かす年にしたいですね。